2024/05/18 23時 大好評!現在プロモ中のBaby Audio TAIPの在庫が補充されました。Baby Audioセールは19日まで

MeldaProduction MAutoVolume

オートボリュームを使いこなし、時間や労力はアイデアに使う

¥8,180 税込

獲得予定ポイント: 81

ライセンス商品になりますので、この商品は返品をお受けしておりません。ご注意ください。ご購入手続き後、メールにてダウンロード先URL、ライセンス・シリアルキー等が納品されます。
あなたのミックスに適応します。

こちらのプラグインは、インストーラーのご案内のみとなっており、
本体の日本語字マニュアルは、現時点ではございません。ご了承ください。





ボーカル、ベース、ソロギター、サックス。これらすべてがミックスのトップにいるべきです。
これを実現するために、エンジニアの中にはコンプレッサーを使用する人もいれば、オートメーションされたフェーダーを使用する人もいます。

どちらも多くの時間や労力が必要です。
しかし、今ではMAutoVolumeがあり、これがほとんど手間をかけずに、信じられないほどの音質で仕事をしてくれます。



○あなたのミックスに適応します。

メインボーカルがミックス内で適切に配置されていたのに、突然変わってしまったことが何度あったでしょうか?
ボーカル以外のすべてを MAutoVolume サイドチェーンにフィードすると、プラグインによってボーカルが常にミックスの一番上に配置されるようになります。



○MeldaProduction ならではの機能

もちろん、MeldaProduction の標準機能が利用できます。
最大 16 倍のアップサンプリング、M/S、サラウンドおよびその他のチャンネル モード、ワークフローをスピードアップする A-H プリセット、統合されたヘルプ システムなど、その他の機能も備えています。





「Melda」の主な機能
・高度なGUI

ユーザー インターフェイスは、高速で使いやすくそれぞれのニーズに対応できる柔軟性が重要です。

[スタイル変更]: GUI の色とスタイルを選択して、プラグインを自分専用にすることができます。
[サイズ変更]: すべての Melda プラグインは自由にサイズ変更可能です。多くの場合、ポップアップ ウィンドウも備えています。
そのため、画面の数やサイズに関係なくプラグインを配置することができます。
[GPU アクセラレーション]: GUI 内のすべての要素は GPU によってアクセラレーションされます。これにより、グラフィックスが超高速になり、CPU がオーディオに集中できるようになります。
[驚くべき品質]: Melda プラグインは HDPI および Retina ディスプレイをサポートしているため、美しく鮮明な解像度を体験できます。1 秒あたりのフレーム数を最大 100 まで調整可能です。



・調整可能なアップサンプリング 1x ~ 1024x

デジタルオーディオはアナログ機器に比べて非常に優れた音質を提供しますが、問題もあります。
主な問題は、圧縮や飽和などの非線形プロセスを使用するときに目立つ可能性があるエイリアシングです。
MAutoVolume には、エイリアシングを回避する最小位相と高品質の線形位相アップサンプリング アルゴリズムの両方が含まれています。
エイリアシングについては、下記のビデオ チュートリアルを確認してください。



・Windows (64 ビットのみ) および Mac (64 ビットのみ) で VST、VST3、AU、および AAX インターフェイスをサポート

MAutoVolume は、両方のプラットフォーム上のすべての主要なホストをサポートします。互換性とインストールに関する情報については、当ページ下部の[動作環境]を確認してください。



・永久無料アップデート

ソフトウェアを購入すると、永久に無料でアップデートを受ける権利が与えられます。



・クラシックなメーターと時間ベースのグラフを備えた独自の視覚化エンジン

耳は常に主要なツールであるべきですが、オーディオを判断する唯一の方法ではありません。
Melda の包括的な計量システムは非常に柔軟で、必要なときに正確な情報を提供します。
クラシックなメーターから時間ベースのグラフまで、
入力、出力、ステレオ幅、ラウドネス、波形、バンド、ゲインリダクションとサイドチェーンのような重要な視覚的フィードバックが表示されます。



・Automatic gain compensation (AGC)

ほとんどのプラグインは出力オーディオの音量を変更するため、ランダム化はもちろんのこと、プリセットの閲覧が不便になります。
MAutoVolume には自動ゲイン補正が含まれており、現在の設定にすぐに適応し、出力が入力と同じ音量で聞こえるようにします。



・セーフティリミッター

一部のプラグインは、特定のオーディオ素材にさらされるとゲインを大幅に増加させる可能性があります。
MAutoVolume はセーフティブリックウォール リミッターを備えており、出力を 0dB 以下に保ち、機器と耳を潜在的な危険から自動的に防ぎます。



・64 ビット処理と無制限のサンプリング レート

MAutoVolume は、最高のオーディオ品質を提供します。
64 ビットのオーディオ処理を使用し、あらゆるサンプリング レートを処理できます。
192kHz を超えること少ないとは思いますが、それが良いアイデアだと思われる場合は行うことができます。



・アクティベーションにはドングルもインターネットアクセスも必要ありません

当社のソフトウェアはライセンス ファイルを使用してソフトウェアをアクティベートします。
また、ライセンスは個人間のものであるため、ユーザーである限り、すべてのコンピューターで使用できます。



・マルチパラメータ

単一のいわゆるマルチパラメータを使用して複数のパラメータを制御できます。
これは、たとえばオートメーションに利用できるだけでなく、たとえば設定のバンク間をスマートにモーフィングするために使用できます。
マルチパラメータの詳細については、下記のビデオ チュートリアルを確認してください。



・M/S、シングルチャンネル、最大 8 チャンネルのサラウンド、および最大 64 チャンネルのアンビソニックス処理...

モノラル信号とステレオ信号だけでなく、ステレオ フィールド処理のためのミッド/サイド エンコーディング、独立した左右のチャンネル、
独立したミッドまたはサイド信号、最大 8 チャンネルのサラウンドオーディオ、さらには強力な 7 次アンビソニックスまで処理できます。
なんと64チャンネル。音楽、映画、ゲーム、VRなどのオーディオ制作に最適です。
チャンネル モードの詳細については、下記のビデオ チュートリアルを確認してください。



・MIDI学習機能付きMIDIコントローラー

MAutoVolume には強力な MIDI プロセッサが含まれており、MIDI コントローラや MIDI キーボードによってパラメータをリアルタイムに制御します。
MIDI については、下記のビデオ チュートリアルを確認してください。



・最新の AVX2 および AVX512 対応プロセッサー向けに最適化。

現在のコンピューターは非常に高速になっていますが、アルゴリズムはより複雑でプロジェクトの規模も大きなものに対応す売るために、処理能力の使用には依然として注意が必要です。
MAutoVolume は最速のアルゴリズムを使用し最新のプロセッサー機能を活用、GPUにグラフィックを処理させ、他のMeldaProductionプラグインとリソースを共有します。
このプラグインは市場で最も高速なプラグインの 1 つでありながら、可能な限り最高のオーディオ品質を提供します。



動作環境

Windows

  • Windows 8 / 10 / 11 (64-bit)
  • VST / VST3 / AAX compatible hosts (64-bit)
  • Intel/AMD processor with SSE2 support

macOS

  • macOS 10.14 Mojave and newer (64-bit)
  • VST / VST3 / AU / AAX compatible hosts (64-bit)
  • Intel/AMD/Apple Silicon CPU



こちらのプラグインは、インストーラーのご案内のみで本体の日本語字マニュアルは、現時点ではございません。ご了承ください。

MeldaProductionの商品

もっと見る

関連商品