【大好評延長中】Universal Audio : Spirit of ’76 Summer Sale 7/20 19時 Custom 76 Bundle、Moog Minimoogが補充されました。

Image-Line FL STUDIO FL STUDIO 21 Fruity Edition

オーディオトラックがないだけで、主要機能であるシーケンサー機能は上位版と同じため、お得なグレードです!

¥15,400 税込

獲得予定ポイント: 154

ライセンス商品になりますので、この商品は返品をお受けしておりません。ご注意ください。ご購入手続き後、メールにてダウンロード先URL、ライセンス・シリアルキー等が納品されます。
概要

2024版へ更新!日本語化もされています!


Macバージョンとのハイブリッドバージョンとなり、お得です!

前バージョンからの新機能は以下PDFにまとまっています。
*機能によってはFruity Editionに搭載されていないものも含みます。

FL STUDIO 20製品詳細は下記をご参照ください。

FL20日本語Getting Start Manual(クリックスタートマニュアル)と、FL20のヘルプファイル(すべての機能解説)が付属します。

FL STUDIO日本語化について

https://hookup.co.jp/support/p...

FL STUDIO とは

IMEAGE-LINE社(ベルギー)の統合音楽制作ソフトウェア"FL STUDIO"は、エレクトロミュージック制作ツールの「アイコン」として世界でもっとも多くユーザー数を抱え支持されている最先端DAWです。ソフトウェアパッケージ内にシーケンサー、シンセサイザー、ミキサー、エフェクト、サンプラーなど必要なツールのすべてが同梱されており、これらの有機的な結合が制作意欲を刺激します。これまでFL STUDIOを通じて数々のトップアーティスト、新しい音楽が排出されてきました。理想のワークステーションに大きく近づいた最新のFL STUDIO はあなたの秘めた才能を開花させることでしょう。
 
 
最も廉価版ながら、上位版と変わらないお得なFruity Edition!

基本機能を搭載したエントリーバージョン。ベーシックなソフトシンセ、ステップやピアノロールによるパターン作成、そしてプレイリストでのソングの組み立てと曲づくりに必要な基本的要素を網羅。ループ作成やオリジナル曲制作はもちろんのこと、VSTiやReWireによる他のソフトウェアとの併用も可能。オーディオ録音は非対応。

 
オーディオトラックがないだけで、主要機能であるシーケンサー機能は上位版と同じため、お得なグレードです!
オーディオ録音やミキシングは他のDAWを使ってる方や、初めて1から最新の音作りをしたい方には、価格も安く、大変お得です。サードパーティ製VSTプラグインやインストゥルメントもホストとして使用可能です!
 
beatcloudで販売中のFLプラグインとの組み合わせ(ホスト)としても最適!

シンプルなパッケージのため、自分で気に入ったFLプラグインだけシンプルに選んで買い足していけます。

beatcloud 取り扱いの Image-Line FLプラグイン商品
※今後、どんどん追加される予定です。

機能比較表ページ
 
  

「ライフタイム フリーアップグレード」もパッケージ版と同様に付属!

今後、新しいバージョンがでても、常に Image-Line 社のアカウントサービスページから最新版をダウンロードできます。アップグレード費用はかかりません!

詳細
FL Studio 20 紹介動画 (Fruity Editionはオーディオファイル編集、録音はできません。詳細は機能比較表をご参照ください。)
 
 

動作条件

Windows:    7, 8, 10 以降
macOS:          10.11 以降

HDD 4GB 空き容量
メモリ 4GB 以上を推奨
 
上記はあくまで最低動作条件の目安です。多くのインストゥルメント、エフェクトにはより多くのCPUやメモリが必要です。

※このページの製品はダウンロード版です。
V21新機能項目 (オーディオ機能など、Fruity Editionには含まれない機能がございます)

○FL Studioとユーザーインターフェイス

・テーマ - 画面の雰囲気を変えることができます。

「Option」→「Settings」→「Thema」タブを確認してみてください。

・プロジェクトフォルダ - 「Projects」 → 「General Settings」のオプションで、新しいプロジェクトが作成、または保存されたときに、「New project」ウィンドウが開きます。ここで、すべてのプロジェクト データを、録音、レンダリング、およびスライスされたオーディオ用のサブフォルダーを含むプロジェクトごとの1つのフォルダーに保存できます。

・ファイル設定 - プロジェクトを毎分自動的に保存するオプションを追加しました。

○General Settings

・「Put undone recordings in the recycle bin'(元に戻した録音をごみ箱に入れる)」 - デフォルトでオンになっています。オフのときには、アンドゥするとすぐに削除されます。

・鉛筆ボタンの反転 - ペンのセカンダリーボタンとプライマリーボタンと入れ替えます。

・Alternate Undo(オルタネイトアンドゥ) - 新しいコンピューターに新規インストールするときに、デフォルトでオンになります。

・Export - レンダリングされたファイルは、目的のフォルダーを開くときに、システム ファイル ブラウザで自動的に選択されます。

・Fileメニュー - 最大 50 個の最近のアイテムを表示する新しいサブメニューがあります。

ファイルのサポート - Apple .m4a オーディオ形式が読み込められるようになりました。

・メトロノーム - オーディオ設定のプレビューとメトロノーム ミキサー トラックの個別のオプションが用意されています。

・テンプレートの新機能 - テンプレートが追加および削除されると、メニューが更新されます。

・プラグインマネージャー - 一部の非準拠プラグイン検索パスは許可されなくなりました。

・Settings window - より多くのスペースが必要になる場合がある多言語テキストを許可するようにウィンドウが再設計されました。Settings windowの高さを調整することで、垂直解像度が低い画面に収まるようにすることもできます。

・Start up - スタートアップ プロジェクトがクラッシュした場合、クラッシュ ループを防ぐために、次回のスタートアップ時にデフォルト プロジェクトが使用されます ([最後のプロジェクトをロード] が設定されている場合)。 オーディオ デバイスにエラーが表示されると、スプラッシュ スクリーンが非表示になるため、メッセージを読むことができます。

・サポート - クラッシュ ログに Windows のバージョンが表示されるようになりました。

・テキスト入力 - 長いスペースと短いスペース文字の入力は、(Alt+Ctrl+Space) と (Alt+Shift+Space) で行うようになりました。

・タッチ コントローラー - ノート データがピアノ ロールから再生されているときに、選択したチャンネルからのタッチ コントローラーのノート アクティビティを視覚化します。

・値の入力時 - 選択すると、現在の値に関する詳細情報が表示されます。

• オクターブ変更 - タイピング キーボードのオクターブを (Alt+テンキー 2-6) で変更できるようになりました。

• CPU - ミキサー処理の関連する CPU 使用率を改善しました。

• 「View」→「Tests」 - テストを非同期的に実行します

• デバッグ ログ - デバッグ ログに更新されたブラウザ フォルダーの名前を表示するようになりました。

○Play List

• オーディオ クリップのフェード & ゲイン コントロール - オーディオ クリップのフェード イン、フェード アウト、およびオプションのオートクロスフェードによるゲイン コントロールが可能になりました

• プレビュー - 「Show fade previews / gain previews」が選択されていないとき、フェードとゲインの一時的なプレビューを表示します。

• メニュー - 右クリックで表示されるメニューに、フェード オプションにすばやくアクセスするための「Show fade editing controls」アイコンが用意されました。

• スナップ機能 - フェード ハンドルのスナップがオフのとき、Altキーを押したままにするとスナップします。そのため、Alt+クリック でフェードがリセットされることはなくなりました。

• ショートカット - 「Show fade editing controls(フェード編集コントロールを表示)」を切り替える (Shift+F) を追加しました。

• トラックの追加 - プレイリスト クリップ フォーカス エリアに新たに「+」ボタンを追加することで、左クリックと右クリックのオプションを使用してインストゥルメント トラックとオーディオ トラックを追加できます。

• ペースト先の場所 - 新しいオーディオ トラックに追加されたクリップは、再生ヘッドの位置、または任意の時間選択内に配置されます。

• ドラッグ & ドロップ - 複数のサンプルをドロップする場合、Shiftキーを押したままにすると、サンプルはプレイリストに順番に追加されます。 サンプルをドロップするか、トラックをクローンすると、そのトラックが選択されます。

• 複数選択 - 「Clip Menu」→ 「Chop」オプションを使用することで複数選択が可能になります。

• 警告ダイアログ - 複数のプレイリストトラックを削除する際にトラック名のポップアップが表示され、警告が表示されます。

• プレイ リストとピアノ ロール - 「Select」→「Overlapping notes」オプションで、重複するクリップとノートを削除すると、一番上のレイヤーのみが削除され、一番下のレイヤーが残ります。

• プレイリストとピアノ ロール - クリップとノートの貼り付けが再生位置で行われるようになりました 。

• チョッピング - 「Clip」メニュー→ 「Chop」オプションでパターンクリップとオートメーションクリップをチョップできるようになりました。

• 録音されたオーディオ - ミキサーの入力レイテンシーメニューに「Adjust position of recorded audio(録音されたオーディオの位置を調整する)」オプションが追加されました。

• プレイリスト - 「Punch in / out recording(録音のパンチイン / アウト)」マーカーの名前を「Start / Stop recording(録音の開始 / 停止)」に変更しました。

○ オートメーション クリップ

• エディター - Automation Clip settingsウィンドウに追加されたボタンで、オートメーションをイベント データに変換します。

• 警告ダイアログ - 「Don't show this in the future(今後これを表示しない)」approximated(概算)オートメーションのマージに関する警告が追加されました。

• マージ - LFO モードを含め、正確なマージが不可能な近似曲線とマージできます。

• オートメーションクリップエディター - 見やすいようにグリッド線が太くなりました。

• GUI - リンクをアクティブに追加すると、「Add target links(ターゲット リンクの追加)」の 「+」ボタンが点滅し、クリックするとプロセスを開始します。 オートメーション クリップ チャンネルのエンベロープグリッド分割を 4 分割に変更しました。

○チャネル ラック -

• Channel ボタン(右クリック) - 現在のインスタンスを Patcherized フォーマットに変換する新しい 'Patcherize' オプションです。

• チャンネル ラック - チャンネルを垂直範囲外に移動するとスクロールするようになりました。

• チャンネル - プラグインがチャンネル サンプラーを置き換えると、フローティングのヒントが表示されます。

○新しいプラグインとツール

• LuxeVerb (すべてのプラグイン エディション) - あらゆるサイズの現実的で実験的な音響空間をシミュレートできる、「豪華な」柔軟なサウンドを備えた高度なアルゴリズム リバーブです。

• Vintage Phaser (Signature Bundle +) - 1970 年代の Electro-Harmonics Small Stone Phase Shifter™ にインスパイアされてモデル化されました。

• Multiband Delay (Producer Edition +) - 入力オーディオを 16 の周波数帯域に分割し、各帯域を個別に遅延させることができます。 まさにサウンドデザインツール!

• VFX Sequencer (Fruity Edition +) - 接続されているインストゥルメント プラグインにノートシーケンスを送信するためにPatcherで使用するように設計されたパターン アルペジエーターとステップ シーケンサーです。

○ブラウザ (改善点) -

• タグ - アイコンをクリックして他のオプションを開くことができます。

• Favoriting(お気に入り) - 星のアイコンをクリックします。

•Search - ブール検索クエリ (例えば”Big Kick”とBig Kick)。 見つかったアイテムを現在のフォルダーのみに制限する検索フィールドのフォルダー アイコンです。 文字を入力してアイテムをフィルタリングするか選択するかを決定するための「Type to filter」メニューオプションです。 複数の列を持つビューで検索するときに、最初のフォルダーを選択します。 検索結果には、一致する名前のフォルダーが表示されます。フィルタリングされたアイテムのヒントとしてフル パスを表示します。

• ファイルの検索 - ファイルを右クリックすると、システム ファイル ブラウザで強調表示されます。

• タグ - 右クリックでタグを削除できます。

• タブ - 右クリック タブを使用して、個別に記憶されたタブ サイズのオプションを有効にします。

• 複数選択 - Shift + クリック、または 「Alt/command + Ctrl + クリック」でのアイテムの複数選択が可能です。

• コンテンツ形式 - .fxp、.fxb、および .vstpreset ファイルがプラグインの「プリセット」としてタグ付けされるようになりました。 .mid MIDI ファイルは「スコア」としてタグ付けされます。

• タブ - ブラウザのタブを左/右に移動する新しい 右クリック タブ オプションです。「Clone this tab(このタブを複製)」オプション。

• Libraryタブ - 無料および有料のダウンロード用のオンライン コンテンツが追加されました。 コンテンツは、それを使用できるプラグインで自動的に利用可能になります。オーディオ デモ - コンテンツ ライブラリ アイテムにインライン オーディオ デモを追加できるようになりました。

• オーディオのプレビュー - 右クリック、または Shift + クリック とマウス オーバーを使用して、マウス カーソルの位置から再生を開始して、細かい位置を調整できるようになりました。 ブラウザ メニューのオプション「Full sample preview」。 サンプル プレビュー パネルには、サンプル レート、ビット深度、およびステレオ メタデータが表示されます。

• オプション - 「Show icons and text on tabs(タブにアイコンとテキストを表示)」が追加されました。

• ブラウザ - タブに「Frozen」オプションが追加されました「Frozen」すると、フォルダが折りたたまれているかにかかわらず、ブラウザは状態の保存を停止します 。 「Collapse structure(ストラクチャーを折りたたむ)」ボタンは、「restore to frozen state(凍結状態に戻す)」として機能します。

○ピアノロール

• 表示 - ノートの移調中にピアノロールを自動的にスクロールします。

• マウス ホイールの精度 - マウス ホイールでノート ボイス プロパティを編集する際の精度が向上しました。

• ピアノロール - 空のパターン クリップを ダブルクリックすると、選択したチャンネルが開きます。

○更新されたプラグイン

• Vintage Chorus - コンテキストに応じた入力値のサポートが追加されました。

• Maximus - Compression Envelope のグリッド線とラベルがより見やすくなりました。

• FLEX - プリセットへの変更は (Ctrl+Z) で元に戻すことができます。 マスター出力ボリューム コントロールのデフォルト値が 100% になりました。

• Plugin Wrapper - Ctrl+Zキーを押して元に戻すことができるかどうかをコントロールするするオプションがあります。

• FL Studio Mobile - v4.1.4 にアップデート。

• 3x Osc、DX 10 、Fruit Kick - Patcherで使用できるようになりました。

• Edison - Envelopes に複数選択機能を追加しました。

• Convolver - インパルス サンプルの長さ制限がなくなりました。

• オーディオ エディター (スクリプト)・Convolver、Edison、Slicex - Python は PaxCompiler を置き換えます。既存のスクリプトは Python に変換されました。 スクリプトは、Windows に加えて macOS でも機能するようになりました。

• エディター (同期再生) - 再生ヘッドをプレイリスト、ピアノ ロール、およびイベント エディターの任意の位置に再配置します。

• Formula Controller (およびその他のフォーミュラの場所) - フォーミュラに新しい演算子と関数を追加しました。

• 新しい演算子 - fmod - 2 つのオペランド (Floating & Modulo)、2 つのオペランド (shl & shr)、ビット演算子 (左シフト & 右シフト)。

• 新機能 - Fold(x) - ウェーブ フォールディング操作 (x = 入力信号のしきい値とゲインは常に 1.0)。 Warp(x, y) (信号 "x" をワープ ポイント "y" にワープします)。 Map(x, y, z) (値 x を範囲 [y,z] にマップします。x * (z - y) + y と同等)。

      • Updated Effect - Added blend parameter to "TextDraw" effect.

• Gross Beat - 新しいプリセット「Juggling Science」追加しました。

• Soundfont Player - パッチのトリガー方法を決定する「Program mode」オプションが追加されました。

• Visualizer - Dubswitcherの新しいポストプロセッシングエフェクトを追加しました。

○Visualizer (ZGE)

• UI - 効果のパラメータ間のセパレータをサポートします。 透明度を表示するためのショートカットとしてツールバー ボタンを追加しました。 プレビュー ウィンドウに表示するバッファを選択できるようになりました。

• Zip - 圧縮されたプロジェクトにカスタム エフェクトを追加しました。

• タッチ コントローラー - 「Add window」リストでタッチ コントローラーウィンドウをサポートします。

○新しく追加されたエフェクト - Audio Generator (Windows のみ)、Dubswitcher Field Generator、Dubswitcher Dropshadow、Dubswitcher Fast HSV、Dubswitcher Fast Static、Dubswitcher Soft Glitch、Dubswitcher AlphaKey、Dubswitcher Color Shaper、Dubswitcher Inverter、Dubswitcher Jitter Glitch、Dubswitcher Linear Blur、Dubswitcher Smudge 、Dubswitcher Solidify、Dubswitcher Starburst、Dubswitcher Whitehole。

• プリセット - HUD テキストは、フォント フォルダー外のフォントを検索できるようになりました。

• Surface タブ - プリセットのカスタマイズを容易にするための Surface タブが追加されました。

• 画像 - APNG 画像形式へのエクスポートが追加されました。 ビットマップを保存するとき、.jpeg 拡張子がデフォルトになりました。

• エフェクトの更新 - 「TextDraw」エフェクトにブレンド パラメータを追加しました。

○MIDI スクリプティング と MIDI関連

• Performanceモード - getPerformanceModeState 関数により、FL Studio プレイリストが「Performance モード」であるかどうかをテストします。

• MIDI コントローラー ID - スクリプトが最初にダウンロードされるまで、MIDI デバイスの識別が遅れるようになりました。

• 外部リンク - スクリプト内のヘルプ リンクのリダイレクト リンクを許可します (IL フォーラムへのリンクである必要があります)。

○ミキサー

• すべてのトラックを選択 (Ctrl+A) - これは、トラック FX およびレベル変更を有効/無効にするアクションに適用されます。

• バイパス エフェクト - 選択したすべてのミキサー トラックで機能するようになりました。

• Render Option (Mixer のメニュー) - 「選択したトラックを Wave ファイルにレンダリング」が追加されました。

• ミキサー - 新しいオーディオ トラックまたはインストゥルメント トラックが作成されたときに、ウィンドウが自動的に開かなくなりました。

○ウィンドウズに関して

• インストール - FL Studio のインストール場所にファイルを保存できなくなりました。 FL Studio インストーラーは、プログラムをベータ ビルドの .flp ファイルに関連付けなくなり、ベータへの誤った保存を防ぎます。

Image-Line FL STUDIOの商品

もっと見る

関連商品