UVI PLATE 発売記念セール!IK Multimedia T-RackS 5 Krazy Deal AmpliTube Maxプロモ Dimebag Darrell CFH Collection for AmpliTubeプリオーダーセール開始!

Blue Cat Audio

Blue Cat Axiom

ギターやベースのためのパワフルかつオープンな設計思想を持つマルチエ フェクトプロセッサー

¥ 25,000 税込

付与ポイント: 750

  • ※こちらの商品はダウンロード製品です。ご購入手続き後、メールにてダウンロード先URL、ライセンス・シリアルキー等が納品されます。
  • お客様のご都合による返品はお受けいたしかねます。
  • ポイント還元サービス、ポイントの利用は事前に予告し、終了させていただく場合がございます。
  • クレジットカードをお持ちではない方のために以下の代金引換の方法をご用意しております。
    • 送料+代引き手数料として、beatcloud上の表示価格+1,080円の金額となります(セール価格中の場合には、セール価格+1,080円の金額)。
    • お申し込みいただく際には、販売担当者アドレスであるdaibiki@beatcloud.jpまで、販売担当宛にご希望商品、お名前、ふりがな、住所(郵便番号含む)、電話番号、希望時間帯(時間によってはご希望に沿えない場合がございます。出荷時に可能な宅配業者様でなるべく近い時間帯に合わせます)をお知らせください。
    • この代引きはパッケージ版ではありません。本来ダウンロード版としてメール納品されるダウンロード先URL、ライセンス・シリアルキー等をプリントアウトして、代引き郵送する形となります。
    • 代引き商品の出荷は、弊社営業日(平日)のみとなります。土日祝日、年末年始等の特別休業日は、出荷及びメールのご返信はできません。いずれも次営業日の対応とさせていただきます。あらかじめご了承ください。
    • 弊社営業日の16時までにいただいたメールは、在庫がない場合を除き、当日の出荷予定となります。

 

 

日本語マニュアル付属!!株式会社フックアップによる日本語サポートがつきますので、安心してご購入いただけます。

  • こちらの製品はダウンロードソフトウェア販売のため、返品ができません。
  • 必ず以下のデモ版をお試しする事をおすすめします。
  • デモ版はサポート対象外とさせていただいております。

 デモは以下よりダウンロードいただけます。

セッション当たり、プラグインのインスタンスは1つの信号のみです。

・45秒間の間に4秒間、エフェクトがバイパスされます。

動作環境

システム要件

Windows ・ An SSE2 命令セットに対応したプロセッサー (Pentium 4 以降)

・対応 OS : Microsoft Windows Vista, Windows 7 、8、10。

・ VST /  AAX 互換のホストソフトウェア(32 または 64 bit)

Mac OS X

・インテルプロセッサー

・ 対 応 OS : Mac OS Sierra (10.12), Mac OS X El Capitan (10.11), Mac OS X Yosemite (10.10),Mavericks (10.9), Mountain Lion (10.8), Lion(10.7) .

・ VST / Audio Unit (32/64- bit) / AAX 互換のアプリケーション

※上記のCPU、RAM 等の必要条件は、最小限のものです。最高のパフォーマンスを引き出すためには、より高性能なCPU とより多くのRAM を使用されることお薦めます。

概要


Blue Cat のAxiom は、ギターやベースのためのパワフルかつオープンな設計思想を持つマルチエフェクトプロセッサーとアンプシミュレーションソフトウェアです。Axiom はこれまで各方面でご好評をいただいているBlue Cat アンプシミュレーションプラグインDestructor をベースにした無限の音作りを可能にしたソフトウェアです。


Axiom には、2 つのアンプシミュレーションチャンネルが搭載されており、それをミックスしたり本物のアンプのように別々に使用したりできるだけではなく、その前後(Pre/Post)にエフェクトが用意されています。
何百ものプリセットからアンプモデルを選んだり、アンプエディターを起動して独自のサウンドを作ったりなど、トーンを完全にコントロールできます。インプットとマスターでは、それぞれ4 つのエフェクトとスロット、そして高精度のチューナーを搭載しているので、Axiom の入出力のトーンを調整することができます。また、ブリックウォールリミッターを使えば、出力段でのレベルオーバーを防ぐことができます。


Axiom には、40 ものプラグインエフェクトが内蔵され、それらを合計32 個のプラグインスロットに自由にアサインできます。プラグインエフェクトには、クリエイティブなディレイとリバーブが自慢のBlue Cat Lete Replies のビルトインバージョン、前述のアンプシミュレーションDestructor のビルトインバージョンが内蔵されています。
Axiom は、内蔵されているエフェクトのみ使えるということではありません。Axiom のスロットには、サードパーティーのAudio Unit、VST やVST3 などに対応したプラグインを読み込むことができるので、好みのプラグインをシグナルチェーンのどこにでも読み込んで、Axiom の機能を拡張することができます。


ユニークな機能として、バーチャルインストゥルメントをロードするための3 つのスロットを追加できるツールセクションがあり、演奏をより充実させることができます。メトロノームやドラムマシン、シーケンサーやキーボードプレーヤーのお気に入りのシンセを読み込んでギターとミックスしてみましょう。

 エフェクトを使わない、ということであれば、アンプシミュレーションのDestructor をチョイスするという手もあります。アンプシミュレーションは必要なく、プラグインのホスト機能やマルチエフェクトを使いたいということであれば、Blue Cat Patchwork をお勧めします。

主な機能

  ・強力で無制限のマルチエフェクトプロセッサーであり、ギターとベース用のアンプモデリングソフトウェアです。
・Blue Cat のDestructor に基づいた現実的でカスタマイズ可能なアンプシミュレーションです。
・柔軟なルーティング:エフェクト、入力セクションそしてマスターセクションに装備された2 つのパラレルアンプシミュレーションチャンネルが用意されています。
・ワウ、ディレイ、リバーブ、ピッチベンダー、EQ、フィルター、ディストーションユニット、コンプレッサー、ゲート、コーラス、フランジャーなど、40 種類の高品質ビルトインエフェクトを内蔵しています。
Blue Cat のLate Replies のビルトインバージョン、前述のアンプシミュレーションDestructor のビルトインバージョンが内蔵されています。
・高精度のビルトインチューナーを装備しています。
・オープンかつ拡張性が高い設計:サードパーティーのVST/VST3、Audio Unit(AU)のプラグインに対応しています。
・サードパーティーのバーチャルインストゥルメントを再生することができます。
・Global stereo spread control を装備しています。
・プリセットをロードするときに特定のパラメーターをロックする機能が用意されています。
・アイドリング中のレイテンシーなし。

 

 Blue Cat's Axiom - Guitar & Bass Amp Simulation With Effects (VST, AU, AAX, VST3, Standalone) Blue Cat's Axiom - Use the Amp Editor to create your own amp simulations (full edit mode shown here) Blue Cat's Axiom - 40 high quality built-in plug-ins to choose from, or load any third party VST,VST3 or AU plug-in Blue Cat's Axiom - Choose from a large selection of Wah models or build your own Blue Cat's Axiom - Control built-in or third party effects directly from the main screen

 

FAQ

 

Q : プラグインフォーマットについて教えてください。

A : プラグインフォーマットには、VST、AU、AAXなどがあります。プラグインが使用できるホストアプリケーションには、Cakewalk Sonar、Cubase、Wave Lab、Vegas、Live、Logic、Grage Bandなどがあり、ホストアプリケーションによって、使用できるプラグインフォーマットが異なります。詳しくは 各メーカーにご確認ください。

Q : Blue Catのプラグインを使うにはどうしたらいいですか。

 A: : まずホストアプリケーションを入手してインストールし、次にBlue Catのプラグインをインストールします。すると、ホストアプリケーションのエフェクトのメニューにプラグインが表示されます。DirectXホストでMIDIでコントロールするBlue Catのプラグインを使っている場合、ホストのリストには表示されないので、フリーウェアのDXi Managerをお使いください。Blue Catのプラグインは、ホストアプリケーションによっては「MIDIでコントロール可能なエフェクト」「ソフトシンセ」の項目に表示されることもあるので注意してください。

 

インストールについて

Q:ダウンロード販売なので不安です。どのような流れですか?

A: ご購入後、シリアルナンバーが届きます。こちらをBlue Cat社シリアル入力サイトにて、必要項目を入力し、製品起動時に入力が必要なユーザーID、キーを入手してください。詳細は、下記サイトPDFをご参照してください。
http://beatcloud.jp/asset/uploads/bcat/BlueCat_activation.pdf
 

Q:64ビットのウィンドウズマシンにプラグインをインストールしましたが、メニューなどに表示が出ないのですが・・・

A : おそらく32ビットのホストアプリケーションを使用していると思われます。64ビットのWindowsは32ビットと64ビットのアプリケーションを実行できるので、もしそうなら32ビット版のプラグインをインストールする必要があります。32ビットまたは64ビットの選択はOSではなく、使用しているホストアプリケーションによって決定されます。

Q : 「Mono」と「Stereo」という2つのプラグインがインストールされていますが・・・

A : Monoエフェクトは、左右チャンネルの間にまったく相違はなく、パフォーマンス上の理由からバンドルされているものです。ステレオバージョンというのはモノラルの動作を2度行っています。本来ならモノラルはモノラル信号、ステレオはステレオ信号をアサインするべきなのです。効果自体はどちらも変わりませんが、モノラルの信号にステレオエフェクトをかけると無駄な処理を行うことになるので、パフォーマンスを落とさないための処置です。