ハイブリッドになったFL20 遂に発売!IK Multimedia Crossgrade Crunchプロモ実施中!UVI Féte de Musique(音楽の日)セール

Kilohearts

DISPERSER

マジックオールパスフィルター

50%以上オフセール実施!
¥ 3,100 税込 ¥ 7,000

付与ポイント: 93

  • ※こちらの商品はダウンロード製品です。ご購入手続き後、メールにてダウンロード先URL、ライセンス・シリアルキー等が納品されます。
  • お客様のご都合による返品はお受けいたしかねます。
  • ポイント還元サービス、ポイントの利用は事前に予告し、終了させていただく場合がございます。
  • クレジットカードをお持ちではない方のために以下の代金引換の方法をご用意しております。
    • 送料+代引き手数料として、beatcloud上の表示価格+1,080円の金額となります(セール価格中の場合には、セール価格+1,080円の金額)。
    • お申し込みいただく際には、販売担当者アドレスであるdaibiki@beatcloud.jpまで、販売担当宛にご希望商品、お名前、ふりがな、住所(郵便番号含む)、電話番号、希望時間帯(時間によってはご希望に沿えない場合がございます。出荷時に可能な宅配業者様でなるべく近い時間帯に合わせます)をお知らせください。
    • この代引きはパッケージ版ではありません。本来ダウンロード版としてメール納品されるダウンロード先URL、ライセンス・シリアルキー等をプリントアウトして、代引き郵送する形となります。
    • 代引き商品の出荷は、弊社営業日(平日)のみとなります。土日祝日、年末年始等の特別休業日は、出荷及びメールのご返信はできません。いずれも次営業日の対応とさせていただきます。あらかじめご了承ください。
    • 弊社営業日の16時までにいただいたメールは、在庫がない場合を除き、当日の出荷予定となります。

 
    



"Disperser は実際に聴くまで想像しえなかったものを可能にするプラグインだね。"Nik Roos - Noisia

オーバービュー

Disperser は、信号の周波数ごとのディレイを引き起こすことによるオールパスフィルターのスタックです。ディレイの形状は、Disperserのユーザーインターフェイスを使い、フィルターのさまざまなパラメーターを変更すること調整できます。

  

 

①AMOUNTノブでは、のオールパスフィルター‐のかかる周波数帯をブーストすることによって、効果がどれだけ発音するのかを調整します。

②周波数スライダーにより、のカットオフ周波数を調整します。周波数ウインドウで周波数を示す縦の線を左右にドラッグします。

③周波数ごとのディレイは周波数ウインドウ内にディレイ曲線として表示されます。カーブが高いほどディレイが長くなります。

④PINCHノブではフィルターのQを設定します。これによりカットオフ周波数付近にディレイを集中させる効果があります。

 

 

オリジナルサウンドの構築

前述の通り、Disperserはオールパスフィルターです。これは、完全にフラットな周波数特性を持つことを意味します。この状態では、音になんの変化もありませんが、信号の周波数の位相には影響を与えます。

Amountを低い設定にしておけば、信号にわずかな位相のずれが加えられますが、通常ではその効果は聞こえないはずです。しかし、それにより「クレストファクター」を減らすことができるので、低い設定でも使う意味があります。

 クレストファクターとは、信号のピークと信号の全体的なパワーとの比です。たとえば、パルス幅が非常に狭いと、クレストファクターは高くなり、結果としてピークは高いが、そんなに大きな音ではなくなります。つまり、位相オフセットを少しだけ追加することによって、実際の音量を下げたり、音自体を変更したりせずにピークを大幅に下げることができるのです(これによりヘッドルームが増加したことになります)。

 人間の声は驚くほど高いクレストファクターを含むことができるので、多くのラジオ局ではより多くのヘッドルームを得るために、マイクに少しだけオールパスフィルター‐を追加しているところもあります。

 ボーカルサウンドを大きく圧縮しても薄い、というような場合、それはクレストファクターに問題があるかもしれません。

 Amountを増加させると、オールパスフィルターの別の特性が耳についてきます。それはグループディレイです。グループディレイは、周波数ごとに異なるディレイです。中程度の設定では、グループディレイは一種の周波数認識型のトランジェントシェイパーとして働きます。低い周波数は高い周波数よりも遅れるので、鋭いトランジェントへ変換されます。

 Amountノブを増やすと、グループディレイはさらに数百ミリ秒の単位で増加されます。これによりラウドなドラムトラックを作成することができます。ドラムセットの低域は拡大されますが、音量は変えていないのに音が大きく聞こえます。実際には、ドラムのピーク音量は以前と較べてすべてが同じように表示されないため、低くなります。

 Disperserは、ドラムやギターなどのトランジェントの強い(アタックが強い)サウンドはもちろん、シンセベースのサウンドに魔法をかけたような効果も期待できます。クリーンなノコギリ波のベースラインで低周波数にディレイをかけることで、ベースに与える影響をはっきりと認知できるはずです。

 Frequencyスライダーはオールパスフィルターのカットオフを設定します。カットオフを低く設定すればグループディレイはより顕著になります。

 仕上げとして、PinchノブでフィルターのQパラメーターを調整します。このノブを回してグループディレイの形状を調整します。Pinchを高くすると、狭い周波数帯域にグループディレイを集中させるため、この名前が付きました。回して、Disperserの効果を確かめてみてください。

最低動作環境

以下は、Disperserを実行するために最低限必要なシステム要件です。

 CPU

2GHz以上の高速のクロック周波数。

 メモリ

1GB以上。

 オペレーティングシステム

Windows7以降、Mac OS X 10.7以降

 ソフトウェア

VST2、AAX、AudioUnitが動作するDAW。

 1つのソングファイルで、同時に多数のDisperserのインスタンスを使用すると、それに応じでCPU負荷が上昇します。したがって、システム要件が満たされていても、Disperserがすべての状況で完全に動作することは保証できかねます。

DAWとは?

Disperserは、スタンドアローンのプログラムではないため、ホストアプリケーションにプラグインとしてロードして使う必要があります。このプラグラムは通常「DAW(デジタルオーディオワークステーション」、または単に「ホスト」と呼ばれます。市場にはさまざまなDAWがあり、Disperserは、VST2、AAX、そしてAudio Unitプラグインアーキテクチャをサポートしています。

Snapin

この製品は「Snapin(スナップイン)」と呼ばれ、このメーカーの他のプラグインをホストできます。Disperserは、VST、AAX、Audio Unitプラグインとして機能しますが、たとえばMultipassなどのスナップインとしてロードすることもできます。
Snapinでのスクリーンショット