kiloHearts社 The Works & Distortion & DISPERSERセール!UVI String Machines 70%オフ!Miroslav Philharmonik2シリーズ 約半額!

Blue Cat Audio

Blue Cat's Late Replies

サードパーティーの VST、VST3、そして AU プラグインとして信号経路にアサインすることで、無制限に拡張できる強力なディレイ、およびマルチエフェクトプラグイン

¥ 15,800 税込

付与ポイント: 474

※こちらの商品はダウンロード製品です。ご購入手続き後、メールにてダウンロード先URL、ライセンス・シリアルキー等が納品されます。

お客様のご都合による返品はお受けいたしかねます。

クレジットカードをお持ちではない方のために以下の代金引換の方法をご用意しております。

  • 送料+代引き手数料として、beatcloud上の表示価格+1,080円の金額となります(セール価格中の場合には、セール価格+1,080円の金額)。
  • お申し込みいただく際には、販売担当者アドレスであるdaibiki@beatcloud.jpまで、販売担当宛にご希望商品、お名前、ふりがな、住所(郵便番号含む)、電話番号、希望時間帯(時間によってはご希望に沿えない場合がございます。出荷時に可能な宅配業者様でなるべく近い時間帯に合わせます)をお知らせください。
  • この代引きはパッケージ版ではありません。本来ダウンロード版としてメール納品されるダウンロード先URL、ライセンス・シリアルキー等をプリントアウトして、代引き郵送する形となります。
  • 代引き商品の出荷は、弊社営業日(平日)のみとなります。土日祝日、年末年始等の特別休業日は、出荷及びメールのご返信はできません。いずれも次営業日の対応とさせていただきます。あらかじめご了承ください。
  • 弊社営業日の16時までにいただいたメールは、在庫がない場合を除き、当日の出荷予定となります。

 

日本語マニュアル付属!!株式会社フックアップによる日本語サポートがつきますので、安心してご購入いただけます。

  • こちらの製品はダウンロードソフトウェア販売のため、返品ができません。
  • 必ず以下のデモ版をお試しする事をおすすめします。
  • デモ版はサポート対象外とさせていただいております。

 デモは以下よりダウンロードいただけます。

セッション当たり、プラグインのインスタンスは1つの信号のみです。

・45秒間の間に4秒間、エフェクトがバイパスされます。

動作環境

システム要件

Windows ・ An SSE2 命令セットに対応したプロセッサー (Pentium 4 以降)

・対応 OS : Microsoft Windows XP, Vista, Windows 7 、8、10。

・ DirectX / VST / RTAS / AAX 互換のホストソフトウェア(32 または 64 bit)

Mac OS X

・インテルプロセッサー

・ 対 応 OS : Mac OS Sierra (10.12), Mac OS X El Capitan (10.11), Mac OS X Yosemite (10.10),Mavericks (10.9), Mountain Lion (10.8), Lion(10.7) . ・ VST / Audio Unit (32/64- bit) / RTAS / AAX 互換のアプリケーション

※上記のCPU、RAM 等の必要条件は、最小限のものです。最高のパフォーマンスを引き出すためには、より高性能なCPU とより多くのRAM を使用されることお薦めます。

概要

Blue Cat の Late Replies は、サードパーティーの VST、VST3、そして AU プラグインとして信号経 路にアサインすることで、無制限に拡張できる強力なディレイ、およびマルチエフェクトプラグインです。独特な位相幾何学を持つこのプラグインは、巨大なパワーを持つフル機能のディレイマシンです。

8 タップパターンのモジュール、そしてホストのプラグインやその他のサードパーティープラグインを インサートできる 2つのはめ込み式のフィードバックループのプラグインスロットを備えています。

そうなのです、ディレイだけではないのです!このプラグインには、ディレイラインをさらに拡充す るためのモジュレーションエフェクト、EQ、フィルター、ダイナミクスプロセッサー、ピッチ/周波数シ フター、ウェーブシェイパーなどが内蔵されています。 一体化されたダッカーとサイドチェイン入力により、ダッキングディレイやリバーブがこれまでより数 段簡単に設定できます。

Blue CatのLate Repliesは、古典的なディレイ、リズミックな、またはメロディックなディレイパターン、 リバーブ、ビンテージリバーブ、幻想的な響き、特殊効果音など、数多くのプリセットが用意されて おり、さまざまなオーディオエフェクトを生成することができます。

 

主な機能

・サードパーティープラグインをサポートし、エフェクトも搭載されたパワフルなディレイ。
・ミキサーとプラグインスロットが一体化した、8 タップのパターンセクションを装備。
・クロスフィードとプラグインスロットを備えた 2 つのフィードバックグループを装備。
・ 25 の内蔵エフェクト:EQ、フィルター、ピッチ&周波数シフト、ディレイ、モジュレーションエフェクト、 コンプレッサー、ゲート、ビットクラッシャー、ウェーブシェイパーなどを搭載。
・ VST、VST3、Audio Unit プラグインをサポート。
・テンポ/ホストのテンポに同期可能。
・グローバルステレオスプレッドコントロールを装備。
・編集も可能な数百のプリセットを用意。
・内部/外部のサイドチェイン対応の統合されたダッキング。
・詳細なインパルスレスポンス表示による包括的なビジュアルフィードバック。
・内蔵のフィードバックと出力段のブリックウォールリミッターで耳を保護。
・レイテンシーなし。

 

Blue Catオーディオ製品の特徴

・対応フォーマットは次の通りです :  Mac- AAX, Mac- AU, Mac- RTAS, Mac- VST, Win-AAX, Win- DX, Win- RTAS, Win- VST, Win- VST3,Win x64- AAX, Win x64-DX, Win x64-VST,Win- x64VST3.

・最適なパフォーマンスのためのネイティブDSPコード。

・滑らかでスムーズなパラメーター変更、高度なレスポンスコントロール、そしてMIDIラーン機能をサポートするMIDIコントロールとオートメーション。

・アイドリング中はCPUに負荷はかかりません : プラグインは無音になると、処理をスムーズに行えるようDAWのCPU使用率を最適化するためにシャットダウンします。

・透過率やスキンの変更などカスタマイズ可能なユーザーインターフェイス。

・バイパスをスムーズに : プラグインをオン/オフする際にもまったくノイズは入りません。

・アンドゥ/リドゥ可能。

・機能満載のプロセットマネージャー。

・システムクリップボードを利用して、インスタンス間のプラグインの状態をコピペできます。

・あらゆるサンプルレートをサポートしています。

 

 

 

FAQ

 

Q : プラグインフォーマットについて教えてください。

A : プラグインフォーマットには、VST、オーディオユニット、AAX、DirectX、RTASなどがあります。プラグインが使用できるホストアプリケーションには、Cakewalk Sonar、Cubase、Wave Lab、Vegas、Live、Logic、Grage Bandなどがあり、ホストアプリケーションによって、使用できるプラグインフォーマットが異なります。詳しくは 各メーカーにご確認ください。

Q : Blue Catのプラグインを使うにはどうしたらいいですか。

 A: : まずホストアプリケーションを入手してインストールし、次にBlue Catのプラグインをインストールします。すると、ホストアプリケーションのエフェクトのメニューにプラグインが表示されます。DirectXホストでMIDIでコントロールするBlue Catのプラグインを使っている場合、ホストのリストには表示されないので、フリーウェアのDXi Managerをお使いください。Blue Catのプラグインは、ホストアプリケーションによっては「MIDIでコントロール可能なエフェクト」「ソフトシンセ」の項目に表示されることもあるので注意してください。

インストールについて

Q:ダウンロード販売なので不安です。どのような流れですか?

A: ご購入後、シリアルナンバーが届きます。こちらをBlue Cat社シリアル入力サイトにて、必要項目を入力し、製品起動時に入力が必要なユーザーID、キーを入手してください。詳細は、下記サイトPDFをご参照してください。
http://beatcloud.jp/asset/uploads/bcat/BlueCat_activation.pdf
 

Q:64ビットのウィンドウズマシンにプラグインをインストールしましたが、メニューなどに表示が出ないのですが・・・

A : おそらく32ビットのホストアプリケーションを使用していると思われます。64ビットのWindowsは32ビットと64ビットのアプリケーションを実行できるので、もしそうなら32ビット版のプラグインをインストールする必要があります。32ビットまたは64ビットの選択はOSではなく、使用しているホストアプリケーションによって決定されます。

Q : 「Mono」と「Stereo」という2つのプラグインがインストールされていますが・・・

A : Monoエフェクトは、左右チャンネルの間にまったく相違はなく、パフォーマンス上の理由からバンドルされているものです。ステレオバージョンというのはモノラルの動作を2度行っています。本来ならモノラルはモノラル信号、ステレオはステレオ信号をアサインするべきなのです。効果自体はどちらも変わりませんが、モノラルの信号にステレオエフェクトをかけると無駄な処理を行うことになるので、パフォーマンスを落とさないための処置です。