Goodhertz全製品25%オフ!IK Multimedia New Sonic Arts UVI Brack Friday セール 大幅割引中!!

GOODHERTZ

Midside Matrix

Mid/Side変換を手軽に行えるフリープラグイン 在庫切れとでておりますが、このページでの販売はございません。

無料ソフトウェアのご案内ページです。
¥ 0 税込

在庫切れ

入荷時期・納期について問い合わせ

※こちらの商品はダウンロード製品です。ご購入手続き後、メールにてダウンロード先URL、ライセンス・シリアルキー等が納品されます。

クレジットカードをお持ちではない方のために以下の代金引換の方法をご用意しております。

  • 送料+代引き手数料として、beatcloud上の表示価格+1,080円の金額となります(セール価格中の場合には、セール価格+1,080円の金額)。
  • お申し込みいただく際には、販売担当者アドレスであるdaibiki@beatcloud.jpまで、販売担当宛にご希望商品、お名前、ふりがな、住所(郵便番号含む)、電話番号、希望時間帯(時間によってはご希望に沿えない場合がございます。出荷時に可能な宅配業者様でなるべく近い時間帯に合わせます)をお知らせください。
  • この代引きはパッケージ版ではありません。本来ダウンロード版としてメール納品されるダウンロード先URL、ライセンス・シリアルキー等をプリントアウトして、代引き郵送する形となります。
  • 代引き商品の出荷は、弊社営業日(平日)のみとなります。土日祝日、年末年始等の特別休業日は、出荷及びメールのご返信はできません。いずれも次営業日の対応とさせていただきます。あらかじめご了承ください。
  • 弊社営業日の16時までにいただいたメールは、在庫がない場合を除き、当日の出荷予定となります。

※上記画像のMid Side MATRIXは無料ソフトです。ご購入者以外もご利用いただけます。
 無償版のため、サポート及び日本語マニュアルはございませんが、非常にシンプルで軽量なデザインです。
※在庫切れとでておりますが、無料ソフトのため、このページでの販売はございません。

入手手順

1.製品をダウンロード、登録するために以下のGoodhertz社サイトにてアカウント登録を行ってください。

https://goodhertz.co/register

 

2.製品を下記からダウンロードしてください。

https://goodhertz.co/downloads

※ほかの製品も含まれたインストーラーになります。

Midside MatrixはMidsideの弟分的で、実用的なプラグインです。
Midsideの必須かつ重要な機能を持っていながら、軽くてシンプルに作ったプラグインです。そして何より無料です。
Goodhertz社の良さを理解するためにも、大変有効です!

Midside Matrixは、弊社の評判の高いミッドサイドプロセッサー「Midsid」の基本的なミパラメーターであるミッドサイドマトリックス、ゲイン、モニタリング、メーターなどを集約したシンプルで軽快なプラグインです。私達Goodhertz,は、ミッドサイド処理にとても興味があるので、誰もが無料で使えるようにしました。ぜひ、お知り合いにもツイッターやフェイスブックで教えてあげてください。

 機能

・M/Sのエンコードとデコード

・M/Sのミュート機能

・高分解能のM/Sゲインフェーダー

・プリ/ポストフェーダーの切り替え可能なレベルメーター

・左右反転可能

・クリックノイズなしの操作(完全オートメーション化可能)

・大型のゴニオ(X線解析)メーター

  

ステレオウィドスコントロール

ミッドサイドマトリックスのステレオ幅を変更することは、サイド信号をブーストまたはカットすることと同じくらい簡単です。 ステレオソースを広げたい場合、  6dBのサイドブースト(リンク)を試してみてください。 モノを作りたい場合には両サイドをミュートします。 より細かく調整されたステレオ幅のコントロールがしたいなら、弊社Midsideのフルバージョン(リンク)で、すべてのステレオウィドスモードをチェックしてください。

 簡単なMid/Side変換

Midside Matrixを使うと、余計なバスやゲイン、不正確なパンニングの心配をすることなく、M/SとステレオLRを変換できます。

任意のステレオプロセッサーをMid/Sideプロセッサーとして使う。

Midside Matrixを2つのインスタンスで使用することによって、あらゆるステレオプロセッサー(アナログハードウェアを含む)をMid/Side対応のステレオプロセッサーにできます。

  シンプルなM/Sレコーディング

M/Sでのマイクアレンジは非常に柔軟で、どのような状況でも使えますが、DAWのM/Sレコーディングでは複雑になり、設定を間違えていることがよくあります。

 Midside Matrixの登場以前は、M/Sレコーディングは通常次のように行っていました。

・M、S+、S-の3つのオーディオトラックが必要

・S+とS-は手動でパンニングする必要あり

・処理とフェーダー操作のためのM/S信号をルーティングするステレオバスが1つ必要

トータルで4つのトラックが必要

 Midsideを使えば

・M/S信号を入力するための1つのステレオオーディオトラックを使用

・MidsideでM/SをLRに変換

・結果として必要なオーディオトラックは1つ

 「このプラグインを使えば、1つのセッションに必要なトラックは12で済む」。

Tyler Duncanの言葉がMidsideの特徴を表しているでしょう。

 オートメーション可能

他のGoodhertzのプラグインと同様に、Midsideの各パラメーターはオートメーション可能です(ミュートとソロのボタンの操作でもノイズは発生しません)。この効果は、サウンドに広がりと深みを与えますが、これをオートメーション化することで、ミックスやマスターでの作業で多くの立体感を出すことができます。ステレオイメージをより表現力豊かにしたいとき、このプラグインを使ってください。

 さらに詳細にMid/Sideコントロールをするには

フル機能を備えたマスタリンググレードのMid/Sideプロセッサーである弊社「Mid/Side」をお試しください。

動作環境 

MacOS10.7
Audio Unit 64-Bit (AU64)
AAX 64-Bit

※V3では、これにWindows MacのVST、WindowsのAAXが追加されます。
(すべて64bit)

Goodhertz社とは?

2014年に設立されたアメリカのカリフォルニアのオーディオソフトウェア開発社です。

"Simple Interfaces&Good Audio"をモットーにプロデューサー/エンジニア/ミュージシャン皆に愛されることができるプラグインを製作しています。
既存のハードウェアの良さを意識しつつ、あえてシンプルに使い勝手を優先したプラグインデザインが特徴です。

Goodhertz V3 ベータ版(WIn/Mac)公開!発売日まで全製品使用可能です。
詳細は下記ページをご参照ください。

http://hookup.co.jp/support/posts/