話題のGoodhertz社プラグイン、取り扱い開始!Ampeg SVX2発売! MODO BASS、T-RackS 5予約特価中

GOODHERTZ

Vulf Compressor GHZ-0002 V3 発売前予約販売特価

Vulfpeckと共同開発した究極のコンプレッサー V3にてWinddowsとMacのハイブリッド版となります。日本語マニュアルは完成次第後送

今だけ!かなりお得! V2のMAC版はすぐ使用可能です!
¥ 13,400 税込 ¥ 16,700

※こちらの商品はダウンロード製品です。ご購入手続き後、メールにてダウンロード先URL、ライセンス・シリアルキー等が納品されます。

クレジットカードをお持ちではない方のために以下の代金引換の方法をご用意しております。

  • 送料+代引き手数料として、beatcloud上の表示価格+1,080円の金額となります(セール価格中の場合には、セール価格+1,080円の金額)。
  • お申し込みいただく際には、販売担当者アドレスであるdaibiki@hookup.co.jpまで、販売担当宛にご希望商品、お名前、ふりがな、住所(郵便番号含む)、電話番号、希望時間帯(時間によってはご希望に沿えない場合がございます。出荷時に可能な宅配業者様でなるべく近い時間帯に合わせます)をお知らせください。
  • この代引きはパッケージ版ではありません。本来ダウンロード版としてメール納品されるダウンロード先URL、ライセンス・シリアルキー等をプリントアウトして、代引き郵送する形となります。
  • 代引き商品の出荷は、弊社営業日(平日)のみとなります。土日祝日、年末年始等の特別休業日は、出荷及びメールのご返信はできません。いずれも次営業日の対応とさせていただきます。あらかじめご了承ください。
  • 弊社営業日の16時までにいただいたメールは、在庫がない場合を除き、当日の出荷予定となります。

2017年9月に発売される予定のWin,Macハイブリッド版V3の予約販売特価ページです。
現時点でリリースされているV2のMac版はご購入後に送られるシリアルナンバーを使用することで、すぐにお使いいただけます。

V3販売特価になりますので、残念ながら日本語マニュアルはまだ完成していません。
V3向け日本語マニュアルが完成後に、ご購入者様のアカウントEmailアドレスに、日本語マニュアルのダウンロード先をご案内する予定です。

 *この製品はハイブリッド版になることもあり、Winddows、Macを含めて、複数の環境にインストール可能です!ただ、ライセンス規約上、同時使用はできない仕組みとなっています。
同時使用が必要な環境向けには、複数のライセンスを購入いただく必要がございますので、お気軽にご相談ください。

 

Goodhertz V3 ベータ版(WIn/Mac)公開!発売日まで使用可能です。
詳細は下記ページをご参照ください。

http://hookup.co.jp/support/posts/

製品概要

Vulfpeck(※)と共同開発した究極のコンプレッサー

 ※Vulfpeck:アメリカのファンク・バンド。ミニマルかつファンキーな作品を中心に、自主レーベルでリリースしている。


 

「コンプレッサーとは、音楽をミックスするうえでの『塩』の役割をします。ミックスエンジニアにとっては究極のツールなのです。そしてこのVulf Compressorは、塩の中でも料理界で注目されている『上品なヒマラヤピンクソルト」だと言えます。このコンプだけで曲の方向性を変えることすら可能です。これは『一芸に秀でている』と言っても良いでしょう。このコンプを私達のバンドは曲全体にかけて明瞭なサウンドを目指しましたが、各々のトラックにかけても素晴らしい効果が得られるはずです。このプラグインを通じて、私達のバンドを知るきっかけになったとしたらとても嬉しいです。このコンプが業界のサウンドメイキングの流れを変えないのなら、私たちは売ったりお勧めしたりしない、それくらいの信念を持っています。」

 ~Jack Stratton(Vulfpeckリーダー、ドラマー)

 
 

動作環境(V2) 

Mac OS X 10.7
Audio Unit 64-Bit (AU64)
AAX 64-Bit

※V3では、これにWindows MacのVST、WindowsのAAXが追加されます。
(すべて64bit)

Goodhertz社とは?

2014年に設立されたアメリカのカリフォルニアのオーディオソフトウェア開発社です。

"Simple Interfaces&Good Audio"をモットーにプロデューサー/エンジニア/ミュージシャン皆に愛されることができるプラグインを製作しています。
既存のハードウェアの良さを意識しつつ、あえてシンプルに使い勝手を優先したプラグインデザインが特徴です。