IK Multimedia製品、全商品割引セール中!

AcousticSamples

Kawai-Ex Pro

KAWAI EX Concert Grand

¥ 14,040 税込

在庫切れ

入荷時期・納期について問い合わせ

※こちらの商品はダウンロード製品です。ご購入手続き後、メールにてダウンロード先URL、ライセンス・シリアルキー等が納品されます。

クレジットカードをお持ちではない方のために以下の代金引換の方法をご用意しております。

  • 送料+代引き手数料として、beatcloud上の表示価格+1,080円の金額となります(セール価格中の場合には、セール価格+1,080円の金額)。
  • お申し込みいただく際には、販売担当者アドレスであるdaibiki@hookup.co.jpまで、販売担当宛にご希望商品、お名前、ふりがな、住所(郵便番号含む)、電話番号、希望時間帯(時間によってはご希望に沿えない場合がございます。出荷時に可能な宅配業者様でなるべく近い時間帯に合わせます)をお知らせください。
  • この代引きはパッケージ版ではありません。本来ダウンロード版としてメール納品されるダウンロード先URL、ライセンス・シリアルキー等をプリントアウトして、代引き郵送する形となります。
  • 代引き商品の出荷は、弊社営業日(平日)のみとなります。土日祝日、年末年始等の特別休業日は、出荷及びメールのご返信はできません。いずれも次営業日の対応とさせていただきます。あらかじめご了承ください。
  • 弊社営業日の16時までにいただいたメールは、在庫がない場合を除き、当日の出荷予定となります。

パワフルで明るい、魅力的なサウンドが特徴のグランドピアノ音源です。収録にはワシントンD.C. にあるケネディーセンターの KAWAI EX Concert Grand(276cm サイズ)を使用しました。

 このリアルピアノ インストゥルメントは(AcademicGrand に続き)Lance Herring 氏の協力によるこの音源は、AcousticSamples の開発に新境地をもたらしました。

 3 ペアのマイクロフォンと最上級の機材によってこのずば抜けたサウンドのする楽器をサンプル収録し、本来の魅力を忠実に再現し、慎重かつ強力なソフトウェア楽器として仕上げました。

 プリファレンス画面

 Kawai EX PRO は多くの機能を装備し、市場で最も完成されたピアノの一つです。

 リリースボリューム、ペダルノイズ、キーノイズを始め、リアルな演奏フィールを再現するための機能を多くの装備します。

  

マイクポジション

 Kawai EX PRO は 3つのマイクロフォン ポジションで収録されています。

  • クローズ ポジション:弦に近接した一対のマイクで収録したサウンドです。ディープな低域とリッチな響きが特徴です。

 • プレイヤ ポジション:プレイヤ手前に設置した一対のマイクで収録したサウンドです。奏者の感覚に最も近い響きで演奏をする際に最適です。

 • リム ポジション:ピアノ横に設置した一対のマイクで収録したサウンドです。ソロ演奏を聴かせる際に最適です。

 この 3つのポジションは、個別にオン/オフあるいはロード/アンロード可能で、望むがままにミキシングすることもできます。

 

それぞれのマイクには 3つの異なるコントロールが用意されています。

 

 • ゲイン:音量を操作します。

 • オン/オフ:マイクのオンまたはオフを設定します。

 • ロード:マイクポジションのサンプル読込みを設定します。必要無いポジションのロードを解除することで、RAM消費を削減します。またアンロードに設定されたポジションのパラメータは操作できないようにグレーアウトします。

Acousticsamples KAWAI EX Pro マイクポジション設定

共鳴

 ピアノ演奏時の弦の共鳴効果を演出します。

ピアノにとって重要なレゾナンスは 2種類存在します。ペダルを踏んだ際の共鳴と打鍵した際の共振的な響きです。Kawai EX PRO はこの 2つのレゾナンス量を個別に変えることが出来ます。

  • ペダル ダウン レゾナンス:ペダルを踏んだ際の共鳴量を設定します。

 • トゥルー ペダル アクション:和音を演奏し、(鍵盤を押さえたまま)ペダルを踏んだ際にピアノ全体の響きを加えます。

 • シンパセティック レゾナンス:鍵盤を押さえた際の共振量を設定します。弦振動による倍音効果がほしい時は、この設定をもう少し高めにします。

 • シンパセティック ポリフォニー:弦の共振効果に必要なボイス数を設定します。

 Acousticsamples KAWAI EX Pro レゾナンス設定

リペダリング/ハーフペダル

 

実際のピアノ、特にクラシック音楽演奏時においてペダル操作はシンプルなオン・オフだけではありません。時にはペダルを踏み直したり、ハーフペダルで演奏します。

 

 • リペダリング:和音演奏のディケイが終わらない内のペダル踏み直しで、リリースの“リスタート”効果を生み出します。和音を混ぜる手法です。

 • ハーフペダル:その名の通り、ペダルの半踏みです。弦が完全にダンプされていない共鳴効果を生み出します。

 ハーフペダル設定は、オン/オフ以外に、MIDI設定画面でコントロール範囲を設定できます。最大値と最小値の設定で、サスティンペダル操作時のハーフペダル効果の効き具合を決定します。

Acousticsamples KAWAI EX Pro ペダル

MIDI 設定

 このパネルは、演奏スタイルや音源のコントロールに MIDI コントローラを使用する際の設定をします。ソステヌートとサスティン CC は一般的なペダル設定以外の設定に変更可能です。加えて MIDI カーブ設定で演奏時のダイナミックスやヴェロシティ レスポンスをキーボードや演奏スタイルに合わせて調節できます。

  • ヴェロシティ感度:ヴェロシティカーブを設定します。このことで音源全体の感度を決定づけます。

 • ヴェロシティ量:音源全体のダイナミックスを決定づけます。

 • MIDI リマッパー:入力ヴェロシティと出力ヴェロシティの関係を設定します。

 • 最小と最大ヴェロシティ:ヴェロシティの最小値と最大値を設定します。

 • サスティン CC:サスティン ペダルの MIDI CC を設定します。通常は #64 に設定されています。

 • ソステヌート CC:ソステヌート ペダルの MIDI CC を設定します。通常は #66 に設定されています。

機能と内容

・10.9GB(FLAC版は2.15GB)、4932サンプル

・ミキシング調節可能な 3 マイクポジション

・サスティンに 5 ヴェロシティ レイヤー(ペダルアップとペダルダウンにそれぞれ 5 )

・リリースに 3 セットの 5 ヴェロシティ、内一つは異なるサスティン レングスに使用(スタッカート)

・ペダルダウン レゾナンスとトゥルー ペダル アクション

・キーノイズ サンプル

・サスティン ペダル ノイズ(アップとダウン)、自動トリガー

・ソステヌート(ミドル ペダル)

・洗練された MIDI コントロール

・先進的な UVI スクリプティングによるシンプルかつパワフルなインターフェイスと革新機能

 登録

 この製品にパッケージ、インストールディスクはございません。製品をお買い求めいただくと、シリアル番号を発行いたします。発行されたシリアル番号を AcousticSamples のウェブページで登録をすると iLok ライセンスの発行とダウンロードリンクにアクセス出来るようになります。

 製品登録には AcousticSamples のアカウントと iLok アカウントが必要です。どちらのアカウントも無料で作成できます。詳細についてはこちらをご覧下さい。

※この音源素材はUVI Workstation上で動作します。UVI Workstation自体はフリーでダウンロードできます。

    対応フォーマット
  • Audio Units、RTAS、AAX、VST または スタンドアローン(単体動作) 
  • Audio Units、AAX、VST (Sparkverb)

対応システム

  • Mac OS X 10.7 以降 - OS X 10.10 Yosemite対応 (32bit と 64bit) 
  • Windows 7 以降 (32bit と 64bit) *Windows10対応

必要条件

  • ディスクドライブ : 7200 回転仕様のHDD または SSD(ソリッドステートドライブ)
  • 4GB RAM(8GB以上推奨)
  • iLokアカウント(無料) - ライセンスアクティベーションのためのiLokキーは必須ではありません
  • iLokアカウントの取得(無料)とインターネット接続環境があれば可能です
  • UVI Workstation

動作基準テストの上、適合したソフトウェア

Digital Performer 7 & 8, Pro Tools 10 & 11, Logic 9 & X, Cubase 7 & 7.5, Nuendo 6+, Ableton Live 8 & 9, Studio One 2, Garage Band 6, Maschine 1 & 2, Tracktion 4, Vienna Ensemble 5, MPC Renaissance, Reaper 4, Sonar X3, Main Stage 3, MuLab 5.5, Finale 2014, Sibelius 7