話題のGoodhertz社プラグイン、取り扱い開始!Ampeg SVX2発売! MODO BASS、T-RackS 5予約特価中

UVI

PX Apollo

POLYMOOGのプロトタイプを再現!プロトタイプや レアなアコースティックまたはエレクトリック楽器の ソフトウェア化したPX プロトタイプシリーズの第一弾

¥ 9,220 税込 ¥ 9,720

※こちらの商品はダウンロード製品です。ご購入手続き後、メールにてダウンロード先URL、ライセンス・シリアルキー等が納品されます。

クレジットカードをお持ちではない方のために以下の代金引換の方法をご用意しております。

  • 送料+代引き手数料として、beatcloud上の表示価格+1,080円の金額となります(セール価格中の場合には、セール価格+1,080円の金額)。
  • お申し込みいただく際には、販売担当者アドレスであるdaibiki@hookup.co.jpまで、販売担当宛にご希望商品、お名前、ふりがな、住所(郵便番号含む)、電話番号、希望時間帯(時間によってはご希望に沿えない場合がございます。出荷時に可能な宅配業者様でなるべく近い時間帯に合わせます)をお知らせください。
  • この代引きはパッケージ版ではありません。本来ダウンロード版としてメール納品されるダウンロード先URL、ライセンス・シリアルキー等をプリントアウトして、代引き郵送する形となります。
  • 代引き商品の出荷は、弊社営業日(平日)のみとなります。土日祝日、年末年始等の特別休業日は、出荷及びメールのご返信はできません。いずれも次営業日の対応とさせていただきます。あらかじめご了承ください。
  • 弊社営業日の16時までにいただいたメールは、在庫がない場合を除き、当日の出荷予定となります。

 ※beatcloud では24時間いつでも、購入後すぐにシリアルナンバーが配布され、ご使用いただけます!

 

PX Apolloは、UVIが提唱する新しい音源コレクション - PX プロトタイプシリーズの第一弾であり、これまでと同様、UVI WorkstationまたはFalxonで動作します。



PX プロトタイプシリーズは世に出ていないプロトタイプやレアなアコースティックまたはエレクトリック楽器のソフトウェア化を目指したもので、PX Apolloのサウンドバンクは、世界最初のポリフォニックアナログシンセサイザーの1つをベースとし、実機の温かみのあるサウンドをその稀有な質感とともに肌で感じることができます。

 

シンセサイザー史に残るレア楽器の素晴らしい温かみのある音色を継承。

PX Apolloは、70年代初期のレアシンセサイザーのプロトタイプをベースにしたソフトウェアインストゥルメントです。

PX Apolloがベースとなったシンセサイザー”アポロ”は、POLYMOOGのプロトタイプで、ベースシンセのタウラス(Taurus)とソロシンセのライラ(Lyra)とともに発売をする予定でしたが、このプジェクトは立ち消えとなり、タウラスのみがリリースされました。



アポロは、その後POLYMOOGとしてリリースされていますが、仕様変更されているため音色が違います。

UVIは、世に2台のみ存在するアポロを使えるようレストアし、その音色をサンプルオシレーターに使用しました。
PX Apolloはサブオシレーターとシンセオシレーターを加えた3オシレーターのハイブリッド仕様になっています。

100を超えるプリセットパッチは、すぐに使える音色であり、オリジナルサウンドを作る際の基にもなります。



この世に2台しか存在しないことで知られる楽器は、大きいなプロジェクトの一つとして進められ、残念なことにやがて中断となりました。この世で最初のポリフォニックアナログシンセサイザーの1つであるこの楽器は、最も発音数の多いアナログシンセでもあります。そのサウンドを形容するならば、豊かで温かみを持った超現実的であり、類まれなるプレイアビリティを持ち合わせます。ベロシティセンシティブとパフォーマンスに優れたユーザーインターフェイス、そして71ボイスのポリフォニックアークテクチャーは、その後のシンセサイザーデザインの枠組みとして多大な影響をもたらしました。

PX Apolloのプロジェクトは、多大な努力によって実現できました。まず可能な限り設計当時の状態に戻すことに努め、初期のポリフォニックシンセサイザーに見られる不良箇所を徹底的にメンテナンスしました。こうして、莫大な時間と費用を投じてオリジナルの機能とサウンドを完全に復元した実機をPX Apolloに使用することができました。

この音源はUltraMiniやCameo CXなど同じ、プリセット音色をロード後に選ぶタイプとなっています。
このタイプの音源は初期ロードにある程度時間を要しますが、音色切替が瞬時に行えるのが魅力です。
その際のメモリ消費に関しては、設定にもよりますが、UVIエンジンのストリーミング技術とロスレス圧縮によって、概ね200MB以下の抑えられています。

 

そして完全復活を遂げたこの歴史的な楽器を正確に記録していきました。マスターサンプルは最高品位の機材を揃えて収録をし、様々な角度で鍵盤ごとのサンプリングをおこない、さらにノートごとに4つのラウンドロビンを与えました。こうして集められたPX Apolloのサウンドバンクのサンプルは4,000を超え、UVIのサウンドデザインチームによって150以上の音色パッチが用意されました。このコレクションはどれも素晴らしく即戦力のものであると自負します。

PX Apolloのユーザーインターフェイスは、実機の設計美学を継承したものです。直観性と操作効率に主眼を置いたレイアウトは最大限の柔軟さを持ち合わせ、プリセットのクイックエディットからより深層に入ったサウンドデザインが可能です。フル機能のシンセサイズパラメーターには3つのオシレーター、エンベロープジェネレーター、高品位フィルター、ピッチとステレオコントロール、そしてオシレーターごとのモジュレーションとアルペジエーターが用意されています。

PX Apolloは、そのサウンドと特別なキャラクターと質感によって業界を一変させたシンセサイザー史のマイルストーンを垣間見ることができるだけではなく、そのサウンドを現在のツールで制作に活用できるソフトウェアシンセサイザーです。

⬇ PX Apollo ユーザーガイド (0.9 MB)

 

  

 PX Apolloは、最新のUVI Workstation(無償配布のサンプルインストゥルメント)もしくは15オシレーター、80エフェクト、モジュレーター、スクリプトイベントプロセッサーなどを装備したUVIのプレミアムハイブリッドインストゥルメントである Falconのサウンドバンクとしてご利用いただけます。

 

 

UVI Workstation ユーザーガイド (3.1 MB)

 
  • 製品概要

      • サイズ : 1.13GB (3.39GB 容量の内容を最適化)
      • コレクション : UVI PX プロトタイプシリー
      • コンテンツ : 1 インストゥルメント、 4002 サンプル、153音色
      • サンプル解像度 : 44.1 kHz、96 kHz での収録
      • 備考 : UVI Workstation v2.6.2以降が必要です

対応フォーマット

  • Audio Units、RTAS、AAX、VST または スタンドアローン(単体動作) 
  • Audio Units、AAX

対応システム

  • Mac OS X 10.7 以降 - OS X 10.10 Yosemite対応 (32bit と 64bit) 
  • Windows 7 以降 (32bit と 64bit) *Windows10対応

必要条件

  • ディスクドライブ : 7200 回転仕様のHDD または SSD(ソリッドステートドライブ)
  • 4GB RAM(8GB以上推奨)
  • iLokアカウント(無料) - ライセンスアクティベーションのためのiLokキーは必須ではありません
  • iLokアカウントの取得(無料)とインターネット接続環境があれば可能です
  • UVI Workstation

動作基準テストの上、適合したソフトウェア

Digital Performer 7 & 8, Pro Tools 10 & 11, Logic 9 & X, Cubase 7 & 7.5, Nuendo 6+, Ableton Live 8 & 9, Studio One 2, Garage Band 6, Maschine 1 & 2, Tracktion 4, Vienna Ensemble 5, MPC Renaissance, Reaper 4, Sonar X3, Main Stage 3, MuLab 5.5, Finale 2014, Sibelius 7

UVI インストゥルメントを使用するには、UVI Workstation が必要です。 最新バージョンの UVI Workstationは uvi.net/downloads から無料でダウンロード出来ます。

 

シンプルかつフレキシブルなオーソライゼーション

コンピュータ、iLokキー問わず合計3台までのデバイスを同時使用可能のライセンス