IK Multimedia 大幅割引中!!Arturia V Collection6 発売記念特価!UVI Nagoya Harp発売記念特価!AcousticSamples/VI Labsセール

UVI

Digital Synsations

魅力的な90年代のシンセサイザーの中から代表的な4モデル:YAMAHA SY77、KORG M1、 ENSONIQ VFX、Roland D50の音色と質感を継承したデジタルシンセ集

¥ 4,980 税込 ¥ 18,360

※こちらの商品はダウンロード製品です。ご購入手続き後、メールにてダウンロード先URL、ライセンス・シリアルキー等が納品されます。

クレジットカードをお持ちではない方のために以下の代金引換の方法をご用意しております。

  • 送料+代引き手数料として、beatcloud上の表示価格+1,080円の金額となります(セール価格中の場合には、セール価格+1,080円の金額)。
  • お申し込みいただく際には、販売担当者アドレスであるdaibiki@beatcloud.jpまで、販売担当宛にご希望商品、お名前、ふりがな、住所(郵便番号含む)、電話番号、希望時間帯(時間によってはご希望に沿えない場合がございます。出荷時に可能な宅配業者様でなるべく近い時間帯に合わせます)をお知らせください。
  • この代引きはパッケージ版ではありません。本来ダウンロード版としてメール納品されるダウンロード先URL、ライセンス・シリアルキー等をプリントアウトして、代引き郵送する形となります。
  • 代引き商品の出荷は、弊社営業日(平日)のみとなります。土日祝日、年末年始等の特別休業日は、出荷及びメールのご返信はできません。いずれも次営業日の対応とさせていただきます。あらかじめご了承ください。
  • 弊社営業日の16時までにいただいたメールは、在庫がない場合を除き、当日の出荷予定となります。

 

90年代サウンドやクラシックシンセサイザーに新
しい刺激やインスピレーションをお求めの方に。


80年代後半から90年代初頭にかけて、シンセサイザーをめぐる景色は変わり始めました。シンセサイザーメーカーは、ノブやツマミを可能な限り排除した大きなマッドブラックの筐体に、派手に輝くLCD画面と整然と並んだボタンを装備したモデルを開発し、楽器店、レコードそしてステージを彩ってきました。これらのデジタル楽器の特徴的なサウンドと技術進歩は当時の音楽にも色強く反映され、その相互作用によってデジタルシンセの時代が幕を開けました。

これらのデジタルシンセは、それまでのアナログシンセサイザーとは異なり、簡単にエディットできるものではありませんでした。しかし豊富な同時発音数、内蔵シーケンサーとパターンメモリ、拡張メモリスロットやデジタルエフェクトなど、当時では最先端をいく魅力のある装備が数多くな搭載されていました。加え、デジタル処理によって、いくつかのモデルはサンプル再生と伝統的な手法の融合によって生み出された新しいシンセ方式を採用し、それまでにない新しい可能性をシンセ奏者やミュージシャンに提供しました。

DigitalSynsationsはそんな魅力的な90年代のシンセサイザーの中から代表的な4モデル:YAMAHA SY77、KORG M1、 ENSONIQ VFX、Roland D50の音色と質感を継承したデジタルシンセコレクションです。

4つのクラシックモデルとマッシブ音色ライブラリ


⬇ Digital Synsations ユーザーガイド (0.8 MB)

Digital Synsations の開発にあたり、いくつかのクラシックデジタルシンセを候補にあげました。多方面からの検証や検討の結果、Digital Synsations に、Yamaha SY77、Korg M1、Roland D50 そして Ensoniq VFXの4機種を使用することになりました。UVIのサウンドデザイナーは、これらのモデルの特徴をソフトウェア化するために、工場出荷時の音色にさらなる磨きをかけていきました。Digital Synsations に収録された 500 以上の音色パッチは、採用された4モデルのプログラムをレストアしたもので、Depeche Mode、The Cure、Pet Shop Boys、Vangelis、Brian Eno、Toto、808 State、Jean Michel Jarre をはじめとする著名アーティストに利用されていました。

脚色の無いピュアなサウンドと高いエディット機能

UVIは、これらのカスタムパッチを、最高級の機材で丁寧にマルチサンプリングし、通常の音楽と同様にプロフェッショナルのマスタリング処理をしました。加えて、最新の UVI エンジンを使用することで、高いサウンドクォリティと豊富な機能や直観的なパラメーター操作が可能です。これによって、実機そのままの特徴を保ちながらも、的確かつ柔軟な高いプログラミング性能を備えることに成功しました。これは最先端のソフトウェア音源の技術だからこその魅力です。

シンセーショナル インスピレーション

Yamaha SY77

SY77 は新世代の FM 方式のシンセシス(AFM)と(内蔵メモリまたはロム拡張による) サンプルサウンド(AWM2)を組合わせたシンセサイザーです。その特徴として、サンプル音源にフィルターやエンベロープを適用し、その波形を FM アルゴリズムに戻して、さらにデジタルフィルター処理が可能とします。この手法は RCM ハイブリッドシンセシスと呼ばれ、非常に多彩な音響効果を生み出すことができます。

 

Korg M1

M1 は、AI(Advanced Integrated)シンセシスを採用したシンセサイザーで、この方式は、16bitマルチサンプルとサンプルデーターからデジタル解析のハーモニックテーブルによる加算方式に似た手法を融合したハイブリッドシンセシスです。この手法はパラレル処理が可能で、多様で独特のサウンドが魅力です。

 

Ensoniq VFX

VFX は、PPG Wave のウェーブテーブルと類似したシンセ方式を使用します。最大6つの波形(音色)を重ねてパッチにすることが可能で、デュアルモードフィルター、3つの11ステージのエンベロープ、LFO、24bitのマルチエフェクトでサウンドを構成します。加えて、最大15のソースでパラメーターの非常に複雑なモジュレーションやコントロールを構築し、表現力豊かな音作りが可能です。

 

Roland D50

D50 は、LA(linear arithmetic)と呼ばれる 8bit PCMサンプルを使用した方式のシンセサイザーです。LAシンセシスによるサウンドは1つのハイブリッドサウンドまたは2つのサウンドによる複雑なクロスモジュレーションを可能とし、更にこれらのサウンドをレイヤーすることができます。このことにより、1つの音色パッチで、最大4つのデジタルオシレーターを扱うことができます。加えて各々のオシレーターは独立してエディット可能で、バラエティに富んだ印象的な音色を実現します。

UVI Workstation ユーザーガイド (3.1 MB)

※この音源素材はUVI Workstation上で動作します。UVI Workstation自体はフリーでダウンロードできます。

 

  • 製品概要

    • サイズ : 10GB (23.5GB 容量の内容を最適化)
    • コレクション : A collection of 4 classic keyboards from the 90s : Yamaha SY77, Korg M1, Roland D50 and Ensoniq VFX
    • コンテンツ : 501 presets, 18,988 samples
    • サンプル解像度 : 44.1 kHz. Recording at 96 kHz.


対応フォーマット

  • Audio Units、RTAS、AAX、VST または スタンドアローン(単体動作) 
  • Audio Units、AAX、VST (Sparkverb)

対応システム

  • Mac OS X 10.7 以降 - OS X 10.10 Yosemite対応 (32bit と 64bit) 
  • Windows 7 以降 (32bit と 64bit) *Windows10対応

必要条件

  • ディスクドライブ : 7200 回転仕様のHDD または SSD(ソリッドステートドライブ)
  • 4GB RAM(8GB以上推奨)
  • iLokアカウント(無料) - ライセンスアクティベーションのためのiLokキーは必須ではありません
  • iLokアカウントの取得(無料)とインターネット接続環境があれば可能です
  • UVI Workstation

動作基準テストの上、適合したソフトウェア

Digital Performer 7 & 8, Pro Tools 10 & 11, Logic 9 & X, Cubase 7 & 7.5, Nuendo 6+, Ableton Live 8 & 9, Studio One 2, Garage Band 6, Maschine 1 & 2, Tracktion 4, Vienna Ensemble 5, MPC Renaissance, Reaper 4, Sonar X3, Main Stage 3, MuLab 5.5, Finale 2014, Sibelius 7

UVI インストゥルメントを使用するには、UVI Workstation が必要です。 最新バージョンの UVI Workstationは uvi.net/downloads から無料でダウンロード出来ます。

シンプルかつフレキシブルなオーソライゼーション

コンピュータ、iLokキー問わず合計3台までのデバイスを同時使用可能のライセンス