Image-Line Sakura

FL Studioシリーズで人気のImage-Line社から物理モデリングインストゥルメントが登場!FL以外でも使用可能(VST/AU)

¥12,800 税込

獲得予定ポイント: 640

ライセンス商品になりますので、この商品は返品をお受けしておりません。ご 注意ください。ご購入手続き後、メールにてダウンロード先URL、ライセンス・シリアルキー等が納品されます。
概要

この Sakura は FL Studio にデモ版としてプログラムが入っていましたので、ご存知の方も多いかと思います。このデモ版を解除したい、他の DAW でも使いたいというご要望が多かったため、beatcloud での販売が開始されました。Sakura は、日本の桜のように咲き、散る美しさを持ったサウンドが特徴です。物理モデリングは、お花見をイメージした特に弦楽器の繊細な美しさを表現しています。

詳細

Features

日本の伝統的な桜は5枚の花びらを持っています。その日本のきらびやかな桜と同様に Sakura のモデリングは Hanami-Go メソッドを搭載しています。

Sakura Hanami-Go メソッドとは?

物理モデリングの Sakura は5つのステージである「 hanami メソッド」を持っています。

Touch - 弦との機械的な接触とインパルスは、弦楽器特有の指での奏法やピッキングなどをシミュレートします。

Vibration - Sakura のデュアルストリングモデルは、ダンピングやテンション、ストリングプロパティを含むパラメーターを広い範囲でコントロールすることができます。

String interaction - シングル及びダブルストリングは、必要に応じてミックス、パン、エンベロープなどを操作して相互にシミュレートできます。

Resonance - 弦の振動は、驚異の 8 つの共振体を持つ「ボディシミュレーター」により、楽器のサイズや材質、形をシミュレーターします。

Acoustics - 仮想的な音響スペースは、コーラス、ディレイ、リバーブエフェクトをシミュレートします。
 

ミックス可能な2つの String 、エキサイター、レゾネータ等の調整、LFOモジュレーション、ディレイ、コーラス、リバーブのようなエフェクトも搭載されています。

 
Sakura で使われる用語説明
 
Sa.ku.ra - 桜のことです。
Ha.na.mi - 桜を眺める日本の伝統的な行事です。
Go - 数字の「5」です。
 
 

最低動作環境

※あくまで最低動作環境のため、プラグインの場合にはホストアプリケーションに必要量なスペックが必要です。スタンドアローンでも、常駐ソフト等、同時起動しているプログラムにより動作環境は左右します。

Windows:
・Windows 7、8、10以降
・2GHz AMD もしくは Intel Pentium 3 互換 CPU フル SSE1 サポート
・512MB メモリ
・30MB フリースペース
・ダイレクトサウンド もしくは ASIO 互換サウンドデバイス
・VST2 対応のホストアプリケーション

Mac:
・OSX 10.11 (El Capitan) 以降
・G4 1.5 GHz または Intel Core Duo ファミリー
・512MB メモリ
・30MB フリースペース
・CoreAudio ドライバー
・VST2 対応のホストアプリケーション

関連商品