2021.5.6 欠品中だったAcousticSamples AS Guitar Collectionが再入荷しました 不具合により、T-RackS Sunset Sound Studio Reverbがセール価格に反映されてなかったため、再設定されています。

PSP Audioware PSP Neon HR

純粋かつ透明感のあるサウンドが持ち味のリニアフェイズEQ

¥22,080 税込 ¥22,080

獲得予定ポイント: 220

ライセンス商品になりますので、この商品は返品をお受けしておりません。ご 注意ください。ご購入手続き後、メールにてダウンロード先URL、ライセンス・シリアルキー等が納品されます。
概要

リニアフェイズイコライザー PSP Neonは、7つのフィルタータイプから選択可能な8バンド搭載で、サンプルレート44.1kHz、および48kHzに対応しています。

PSP Neonの兄貴分にあたるのが、PSP Neon HRです。これは最大192kHzに対応しており、PSP独自のFATアルゴリズムを搭載、左右ステレオ片チャンネルのみに独立したエフェクトをかけることも可能です。

このプラグインの特徴である、純粋かつ透明感のあるサウンド、そして直感的なデザインを一度でも体験したら、マスタリングは勿論、他のいかなるオーディオプロジェクトにおいても、これなしでは済まされなくなるでしょう。

詳細

PSP Neonリニアフェイズアプローチ

 

リニアフェイズフィルタリングは素晴らしいことずくめかというと、残念ながらそういうわけでもありません。リニアフェイズフィルタリングは、実際には”Finite Impulse Response (FIR)”フィルタリング、または似たような技術を必要としています。これは、IIR方式の何千倍もの計算量を必要とするのです。つまり、その性能はCPUスピードに大きく依存するということなのです。今日のCPUスピードを持ってしても、その動作には限界があります。FIR方式でさえ、リアルタイムエフェクトは不可能なのです。

 

この問題を解決するため、PSPの開発者やDSPエンジニア達はとても素晴らしい解決法に行き着くことができました。それは途方もない数の計算を、ある程度削減できる方法を思いついたのです。そのうちの一つに”frequency-domain fast convolution”(=周波数領域の高速旋回)方式と呼ばれる方法があります。これはPSP Neon、そしてPSP Neon HRに搭載されている方法です。他のアプローチ方法としては、従来のIIR方式フィルタリングを採用している商品に採用されている方法で、リズムを合わせながら前後にフィルタリングを行う方式です。我々は”frequency-domain fast convolution”方式を採用しました。なぜなら、この方式を採用することで、蓄積された計算エラーを劇的に減らすことができるうえ、作業の分断を減らすためにウィンドウズのプロセッシングパワーを食い尽くすこともありません。周波数領域におけるフィルタリングのおかげで、PSP Neonではオーディオをフレーム単位でプロセスできるようになりました。最高のフレームサイズ(サンプル単位)はフィルターレングスによって決定されます(つまり解像度)。

 

 

 

ホストアプリケーションの出力バッファが小さすぎると、プラグイン側では最適なフレーム数よりも小さな数値で計算を行わなければなりません。これは単純に時間に間に合うように計算処理を行って、CPUがオーバーロードしないようにするためです。よって、ホストアプリケーションの出力バッファは極力最適な値に設定しておくことが望ましいのです。CPU負荷を最小限にとどめておくためです。ホストアプリケーションやオーディオインターフェイスのドライバによっては、バッファ設定を高くできない仕様のものも存在します。こうした場合には、PSP Neonのパフォーマンスは最適化されず、従ってCPU負荷もかかってきてしまいます。

 

PSP Neon / PSP Neon HR用にデザインされた独自の超高速エンジンは、長いフィルターカーネルを備えた入力が搭載され、結果、高度なスペクトル解析が可能になります。PSP Neonにおけるスタンダードモード(Std)では、4096サンプル分のフィルターを採用しています(StdモードはPSP Neon HRで利用可)。この長さのフィルターはほとんどのアプリケーションに対して最適であると考えています。例えば、低周波素材を扱う際に例外的に高いQカット/ブーストを必要とするユーザーには、PSP Neonはハイ/マックスリゾリューションモードが搭載されています。このモードでは、それぞれ、スタンダードモードより正確な8192、16384サンプル分の長いフィルターカーネルが適用されます。こうしたサンプル数値は、48kHzまでのサンプルレートではそのままの値を、より高いサンプルレートではサンプルレングスの2倍/4倍になります。

 

LPフィルタリング方式では各周波数で同サンプル分の遅れが生じ、出力されるオーディオ信号のレイテンシーとして現れます。幸いこうしたレイテンシーはマスタリングでは問題にはなりません。LPフィルターはFinite Impulse Responseを持っているため、周波数の解像度は制限されているのです。

リニアフェイズフィルタリングにおける技術的なチャレンジ

 

従来のリニアフェイズイコライザーでは、概算レスポンスを採用しているのに対し、PSP Neon / PSP Neon HRでは、オーバーサンプリングエフェクトも含め(PSP Neon)、現在のリゾリューションモードにおける正確なレスポンスを採用しています。制限されたインパルスレスポンスのレングスのために起こり得る問題をコントロールできるようになります(例えば制限された低周波数リゾリューション、またはリップルなど)。

 

リニアフェイズフィルタリングにおけるもう一つの問題は「プリエコー」と呼ばれているものです。この現象は可聴現象で、不必要な音が直接聞こえてしまうというものです。PSP Neon / PSP Neon HRでは、このプリエコーが問題となる場合、リニアフェイズモード(LP)をOFFにし、従来のフェイズワープ(IIR)方式に切り替えることができるようになっています。PSP Neon / PSP Neon HRにおける従来のIIRモードでは、レイテンシーはほとんど感じられなくなり、これだけで十分使用可能なミックス専用ハイクオリティEQとして動作します。ホストアプリケーションとのディレイ補正に関しても問題は発生しないでしょう。

 

PSP Neon / PSP Neon HRに搭載されているフィルターは、アナログタイプにその起源を持ち、バイリニアによるリニアフェイズフィルターに転換されます。これは、インパルスレスポンスを切り捨て、シンメトリカル(=対称)になるようにします。ギブスリンギング効果(=周波数レスポンスに波紋ができ、音の輪郭がぼけて高周波帯域が発振したような音になること)を減少させるため、我々はHammingウィンドウ機能を適用しました。これはレスポンスを平滑化する代わりに、周波数解像度を少し犠牲にするという方法です。

 

アナログタイプのフィルターをリニアフェイズフィルターに転換する際、避けがたい副作用があるのも事実です。これは周波数レスポンスワープと呼ばれています。デジタルレスポンス自体を正確なアナログレスポンスに置き換えることは不可能で、この現象は高周波帯域ではさらに顕著になります。これは、ピークに到達しているフィルターにとって最も不利益なもので、周波数レスポンスが、Nyquist(ナイキスト=サンプルレートの半分に当たる)周波数で常に0dBであることから非対称になってしまいます。他のフィルタータイプ(ハイシェルフ/ハイカット)にも影響が及びますが、その度合いはそれほど深刻なものではありません。この問題を解決するため、PSP Neonでは、独自開発の内部オーバーサンプリングテクノロジー(=FAT)を採用しています。ここでは、Nyquist周波数は上昇し、滑らかな高周波レスポンスは、高品質なアナログレスポンスと同等のレベルで聞こえるようになるのです。FATアルゴリズムは120dB以上の素晴らしい減衰域でリニアフェイズを書き換えているため、透明度の高い出音を実現できるのです。FATモードではフィルターレングスを倍の長さに延長できるという利点もあります。

 

PSP Neon / PSP Neon HRに搭載されているフィルターは、アナログタイプにその起源を持ち、バイリニアによるリニアフェイズフィルターに転換されます。これは、インパルスレスポンスを切り捨て、シンメトリカル(=対称)になるようにします。ギブスリンギング効果(=周波数レスポンスに波紋ができ、音の輪郭がぼけて高周波帯域が発振したような音になること)を減少させるため、我々はHammingウィンドウ機能を適用しました。これはレスポンスを平滑化する代わりに、周波数解像度を少し犠牲にするという方法です。

 

アナログタイプのフィルターをリニアフェイズフィルターに転換する際、避けがたい副作用があるのも事実です。これは周波数レスポンスワープと呼ばれています。デジタルレスポンス自体を正確なアナログレスポンスに置き換えることは不可能で、この現象は高周波帯域ではさらに顕著になります。これは、ピークに到達しているフィルターにとって最も不利益なもので、周波数レスポンスが、Nyquist(ナイキスト=サンプルレートの半分に当たる)周波数で常に0dBであることから非対称になってしまいます。他のフィルタータイプ(ハイシェルフ/ハイカット)にも影響が及びますが、その度合いはそれほど深刻なものではありません。この問題を解決するため、PSP Neonでは、独自開発の内部オーバーサンプリングテクノロジー(=FAT)を採用しています。ここでは、Nyquist周波数は上昇し、滑らかな高周波レスポンスは、高品質なアナログレスポンスと同等のレベルで聞こえるようになるのです。FATアルゴリズムは120dB以上の素晴らしい減衰域でリニアフェイズを書き換えているため、透明度の高い出音を実現できるのです。FATモードではフィルターレングスを倍の長さに延長できるという利点もあります。

最小システム条件

 

PSP 608 Multidelay をWindows またはMacintosh コンピューター上にインストールする前に、
ご使用のシステムがこれらの最低条件を満たすことを確認してください:
Windows
• Intel Celeron 1GHz プロセッサー以上
• 256MB RAM 以上
• Windows XP
• DX, RTAS, or VST コンパチブルのオーディオアプリケーション
Macintosh
• PowerPC G4 プロセッサー以上
• 512MB RAM 以上
• Mac OS X 10.2 以降
• AU, RTAS, AAX, VST コンパチブルのオーディオアプリケーション
上記のCPU、RAM 等の必要条件は、最小限であることを覚えておいてください。
最高のパフォーマンスを引き出すためには、より高性能なCPU とより多くのRAM を使用されることお薦めます。

 

  • 日本語マニュアル付属!!
  • 株式会社フックアップによる日本語サポートがつきますので、安心してご購入いただけます。

 


■デモ版
Mac OSX 32bit & 64bit / 2.0.4
PC Win 32bit & 64bit / 2.0.4

こちらの製品はダウンロードソフトウェア販売のため、返品ができません。デモ版をお試しする事をオススメします。
※デモ版はサポート対象外とさせていただいております。
デモ版では、最初のインストールから14日間、動作します。デモ版の期間中は、プラグインが起動するときにデモ版であるメッセージが表示されるのでクリックしてからお使いいただけます。デモ版の期間が終了した場合には、オーサライズが終了するまでお使いいただけません。


PSP Audioware 全般のお気に入りプラグイン

Alan Meyerson (スコアリング・ミキサー)


非常に多種多様な、超高品質のエフェクトとプロセッサーが用意されているので、PSPのプラグインを気に入っています。最近よく使っているEQが PSP E27 です。また、PSP SpringBox と PSP 2245 も良く使いますし、以前から PSPMixPressor2 もお気に入りです。どれも素晴らしくて毎日使っています。

───────────────────────

Alan Silverman(マスタリング・エンジニア)


PSP Xenon

優れた機能を持ち、うまく使えば、恐ろしいほど多くのミックスをこなせます。

PSP FETpressor

素晴らしいプラグインで、ハードウェアコンプの Urei LA-3A を思い出します(最近ニューヨークのアバターで使用したばかりです)。いくつかの優れたVSTコンプと比較してみましたが、PSP FETpressor と同じ処理ができるプラグインは他に見当たりません。サウンドに深みがあり、豊かかつ滑らかで、非常にクリーン。操作性も優れています。驚くべき音楽性により、ラウドなサウンドをミックスで包み込みます。非常に印象的なプラグインです。

PSPのoldTimer

デジタルの頭脳と、アナログの魂を持つプラグインです。クラシックなアナログ感がありながら、ザラ付いたり、高域が失われることはありません。エッジを保ちながら、サウンドを滑らかに聴かせる十分なカラーリングが得られます。色付け用の素敵な新しいブラシとなるでしょう。

PSP MasterComp

エネルギッシュなブルースボーカルやピアノに使ってみると、優れたアナログコンプと同様、ピークをうまくコントロールすることができました。滑らかでクリアなサウンドが得られます。

───────────────────────

Bob Ludwig(マスタリング・エンジニア)


PSP プラグインは、私がよく使う数少ないプラグインの1つです。大抵のサウンドに関わる問題を、何よりもうまく解決できます。PSP 2445 デジタル・リバーブレーター使用不可と見なされていたプロジェクトを救い出すことができました。

PSP MasterQ2

24dB / octおよび、36dB / octのハイパス/ローパス・フィルターを備えた、非常に珍しいEQです。

PSP Xenon

私のマスタリングツールの貴重なオプションとなりました。

───────────────────────

Bob Katz(マスタリング・エンジニア)


PSP oldTimer ME

マスタリングで、ステムによく使用する、クラシックなサウンドのコンプレッサーです。最初に使います。特にクライアントから持ち込まれたステムが、ボーカルの微調整を要する場合に使用します。私が多用するソリッドステート・モードでもサウンドは甘く、ピュアでクリーン。使い勝手も良く、不自然さや荒っぽさもなく、うまく調整できます。とても緩やかに調整できるところがいいですね。大抵のステムは、パッと聴きではすぐに使えそうなのですが、ボーカルや楽器をうまくミックスするためには、微調整が必要な場合が時々あります。

PSP Xenon

今までマスタリングに使用した中で、最も効果的かつ、さりげなく作用するデジタル・ピークリミッターのひとつです。

───────────────────────

Bobby Owsinski(プロデューサー/エンジニア)


PSP VintageWarmer2

すべてのミックスに使用していますが、パラメーターはイジりません。これを先頭に挿すだけで、ミックスの「接着剤」として機能するからです。これだけで音が良くなるので、さほど調整する必要がないのです。

PSP 2445

お気に入りのリバーブです。ロングリバーブでスムーズに聴こえるだけでなく、ショートディケイ&ロングリフレクションにすると、他のリバーブでは得られない、ビンテージなダブリング効果をエレキギターにかけることができます。PSPは、またも優れたシミュレーションによってこれを実現しました。

PSP L'ortary2

私は以前からB3オルガン奏者であり、レスリースピーカーの音をよく知っています。新しい PSP L’ortary2 は、今まで使った中で最高のレスリーシミュレーターです。すべてのPSPプラグインは魅力的ですが、このプラグインはそれらを凌駕したかもしれません。

そのほかのお気に入り

PSP 2445 EMT

PSP TripleMeter

PSP MCQ

───────────────────────

Barry Rudolph(エンジニア)


お気に入りのPSPプラグインはたくさんあります。私はいつも、自分の考えを実現できるPSPプラグインを見つけています。最近よく使うプラグインをいくつか紹介します。

PSP preQursor2

アナログパッシブEQのように非常に滑らかです。プログラムバスや、ピアノ、バッキングボーカルでよく使います。

PSP L'otary2

お気に入りのレスリーのような効果が得られるロータリースピーカー・プラグインです。Avid DB-33のようなソフト音源を演奏するハモンドオルガン奏者に、リアルなスピーカーキャビネットを提供できるのは素晴らしいことです。MIDIに対応いるため、コントローラー/キーボードから操作するのにも最適。エレキギターのトラックにL’otary2をかけるのも好きですね。

PSP TripleMeter

アナログアウトボード・ラックとの間でやり取りする、64chのアナログI / OとSSL Sigma Summing Systemのセットアップに非常に役立ちます。-18dBFSで使用して、Pro Tools 12 HDXリグをキャリブレーションしました。

───────────────────────

Brian Moncarz(プロデューサー/エンジニア)


PSP Vintage Warmer2

PCでの内部ミックスを実現できるプラグインです。個々のトラックやミックス全体に使用すると、その結果にいつも圧倒されます。

PSP SpringBox

最高のスプリングリバーブの1つです。ギターやボーカルで愛用していて、トラックに暖かみと深みを与えてくれます。

PSP L'otary2

レスリースピーカーを見事に再現しています!

───────────────────────

Cagan Tunali(エンジニア)


全てのPSPプラグインがお気に入りです。求めているイメージに最も近いサウンドを最速で実現できます。これが、音質の差やEQとコンプのアナログライクな暖かみ以外に、PSPを選ぶ多くの理由の1つです。

───────────────────────

Daniel Glen Timms(レコーディングアーティスト、ソングライター、マルチインストゥルメンタリ

スト、プロデューサー)


PSP L'otary2

新しいアルバムのB3オルガンすべてに、PSP L'otary2プラグインを使いました。他のロータリースピーカー・プラグインも試しましたが、これが一番です。まるで本物のレスリースピーカーのようです。また、ボーカルやエレピなど他のトラックでも、繊細で美しいサウンドを得ることができました。

PSP E27

PSP E27マルチステージEQは驚異的なプラグインEQです。私は、このプラグインが再現したAvedis E27 500シリーズEQのペアを含む、伝説的なハードウェアEQの多くを所有しているだけでなく、ほとんどすべてのプラグインEQも試しました。極めてオリジナルに近いサウンドで、私の最新作のミックスでも幅広く使用しました。ボーカル、ギター、ドラムバスに使うのが気に入っています。他のどのプラグインよりも、ハードウェアのように聞こえます。リコールと追加機能により、ミックスで重要なツールとなりました。PSP E27プラグインが大好きです。

PSP FETpressor

新作でも使用し、これもまたお気に入りになりました。典型的なFETコンプのように高速で、アナログサウンドのフレーバーを加えながらトランジェントを制御できます。パラレルコンプ機能により、非常に便利で汎用性もあります。バッキングボーカルをうまくつなぎ合わせ、エレキギターをミックスの中で際立たせることができます。特に最適な用途はベースのミキシングです。PSPのスタッフは最先端を走っており、ハードウェアのようなサウンドと、ソフトウェアの機能を備えたプラグインの開発をリードしています。

───────────────────────

Dave Tuciarone(グラミー受賞プロデューサー/エンジニア)


PSP Vintage Warmer2

PSP Xenon

PSP L'otary2

常に最高の結果をもたらす最高品質のプラグインです。非常に直感的に設計されており、少しの労力で目的の処理を簡単に実行できます。

───────────────────────

David Martinez(エンジニア/作曲家)


PSP TripleMeter

ミックスか作曲かに関わらず、すべてのセッションで使用しています。メーターに依存している人にとって、信じられないほど正確です。

PSP PianoVerb2

アンビエントな音楽作品にぴったりな、本当にユニークなサウンドを思いつくことができます。作曲用のエフェクトツールボックスの一部になっています。

───────────────────────

Dom Morley(グラミー受賞プロデューサー/エンジニア)


PSP InfiniStrip

これは素晴らしいアイデアです。様々なオーディオフレーバーを備えた完全なチャンネルストリップで、すべてゲインが揃っているため、切り替えて、様々なモジュールの効果を試聴することができます。PSPによる開発のため音質は最高ですが、あまりお勧めしたくないですね。

そのほかのお気に入り

PSP 2445 EMT

PSP SpringBox

PSP VintageWarmer

───────────────────────

Enrico De Paoli(グラミー受賞エンジニア/プロデューサー)


PSP E27

ニュークラシックなAvedis AudioのEQをモデルにしたプラグインです。Avedisは、私が過去20年間知る中で、最も知識豊富なNEVE / APIのスペシャリストです。彼はそのノウハウの全てをアナログ機器に集約し、PSPはそれをプラグインに持ち込みました。私はシンプルに、このプラグインが大好きです。

PSP Vintage Warmer2

このマスタリング・マルチバンド・リミッターを使用するのが一番使いやすく、一番暖かみがあります。パラメーターやクロスオーバー・ポイントに煩わされることはありません。待望の「ニー」が追加され、さらに強力になりました。このプロセッサーを挿すだけで音が良くなり、音楽的に聞こえます。

PSP StompFilter

非常に音楽的で、非常にアナログライク(PSPスタイル!)なフィルターです。エンベロープ設定によって、ミックスに豊かな躍動感を与えます。

PSP PianoVerb

私が慣れ親しんでいる他のどんなものとも違う、太く共鳴するリバーブです。10代の時、グランドピアノの中にラジカセを置いた時のことを思い出します。

PSP TripleMeter

オールドスクールに機能する、リアルなアナログメーターです。作業中にRMSレベルを知ることは、ミキシングとマスタリングにとって不可欠です。これなしで作業することは絶対に不可能です! 私はアナログ時代から作業しているので、実際のVUを見られるのは喜びです。

PSP Audiowareの商品

もっと見る

関連商品