2021.7.27 13時 MODO BASS の在庫が復活しました。

IK Multimedia(ソフトウェア) MixBox Crossgrade

無限の可能性を秘めたバーチャル・ラック

¥26,390 税込 ¥26,390

獲得予定ポイント: 263

ライセンス商品になりますので、この商品は返品をお受けしておりません。ご 注意ください。ご購入手続き後、メールにてダウンロード先URL、ライセンス・シリアルキー等が納品されます。
概要

※本 製品はクロスグレード版のため、IK Online Store 価格€99.99以上のIK有償製品をお持ちの方が対象の製品となります。 ただし、ハードウェア製品に付属されたソフトウェア製品、プロモーションなどで無償で獲得されたソフトウェア製品は、クロスグレード版の対象とはなりません。

無限の可能性を秘めたバーチャル・ラック

MixBox は、500シリーズ・ラックにモジュールを並べるような感覚で、オリジナルのエフェクト・チェインやチャンネル・ストリップを作成できるバーチャル・ラックです。T-RackS、AmpliTube、SampleTankで実績のある70種類のプロセッサーを、8スロットのラックに並べてオリジナルのプロセッサー・チェインを作成できます。600種類以上のプリセットから設定を呼び出したり、オリジナルのラックを作り、ラックごと保存したりすることも可能です。MixBoxは、Mac / PC用の各種DAWプラグイン(AU、VST2、VST3、AAXに対応)として、またはスタンドアローンで動作します。

動作環境およびインストールについて

Mac® (64-bits)
最低動作環境: Intel® Core™ 2 Duo, 2 GB メモリ (4 GB 推奨), Mac OS X 10.10以降.
プラグインフォーマット: Audio Units, VST 2, VST 3, AAX.

Windows® (64-bits)
最低動作環境: Intel® Core™ 2 Duo または AMD Athlon™ 64 X2, 2GB メモリ (4 GB 推奨), Windows® 7, Windows® 8 Windows® 10.ASIO 対応 サウンドカード
プラグインフォーマット : VST 2, VST 3, AAX.

製品を(予約)購入後、製品を登録するのに必要なシリアルナンバーと、各種ダウンロード先URL、登録手順をご案内したメールがお客様宛てにメールで届きます

詳細

主な特徴

  • オリジナルのエフェクト・チェインを作成
  • T-RackS、AmpliTube、SampleTankで実績のある70種類以上のプロセッサー
  • 幅広い音色作りに対応するプロセッサーのカテゴリー(Dynamics、EQ、Filter、Modulation、Channel Strip、Saturation、Reverbs、Delay、Distortion、Amp)
  • 4種類の新規のリバーブ・アルゴリズムを搭載(Hall、Room、Plate、Inverse)
  • 1ラックに最大8つのプロセッサーを配置
  • 素早いワークフローを実現するための合理的なデザイン
  • 各プロセッサーを配置したラックごと保存/呼び出し可能
  • プロセッサー単体、複数のプロセッサーを配置したラックのプリセットを600種類以上用意
  • スタンド・アローンでは8つのラックを同時に使用可能。ライブ・ミキシングに最適
  • バージョン1.1の新機能

  • ゲート/エキスパンダー機能を備えたコンプレッサー:British Dynamicsを追加
  • British Dynamics用のプリセットを追加
  • ConvoRoomを最適化してCPU効率を向上
  • アンインストーラーでプリセットを削除する機能を追加
  • 一般的な信頼性の向上


オリジナルのプロセッサー・チェインを作成

MixBoxは、70種類以上のプロセッサーを、8スロットのラックに並べてオリジナルのプロセッサー・チェインを作成できます。作成したラックは、ラックごと保存して必要な時に即座に呼び出し可能です。

設置したプロセッサーは、ドラッグ操作で瞬時に配置を変更できます。ハードウェア実機では面倒なモジュールの組み換え作業も、MixBoxでは簡単です。気軽にモジュール配置を変更して、さまざまな可能性を追求してみましょう。

img


70種類以上のプロセッサー

MixBoxは、IK Multimediaが誇るT-RackS、AmpliTube、SampleTankで実績のある高品位なプロセッサーを多数内蔵しています。デジタル・エフェクトからアナログ機材のモデリングまで、さまざまな音作りに対応できるでしょう。

img


精密なモデリングから新アルゴリズムのリバーブまで

MixBoxには、現在でも人気のあるLA2Aや1176などのダイナミクス・プロセッサー、1073やSSL 4000 Seriesのチャンネル・ストリップなどの実機モデリングに加え、アンプによるディストーションやテープ・サチュレーションなど、より積極的な音作りに適したプロセッサーが含まれています。

MixBoxに含まれる71種類のプロセッサーは、以下のようなカテゴリーに分けて収録されています。

Amp (9)
American Vintage T, British Tube Lead, Cabinet, Flexi Amp, Jazz Amp 120, Modern Tube Lead, Preamp, SVT Classic, Tone Control.

Channel Strip (3)
Channel Strip, EQ 81, EQ Comp.

Delay (3)
Digital Delay, Reverb Delay, Tape Echo.

Distortion (5)
Crusher, Distortion, Lo-Fi, Overdrive, Overscream.

Dynamics (8)
Black 76, British Dynamics, Bus Compressor, Compressor, De-Esser, Limiter, Model 670, White 2A.

EQ (4)
British EQ, EQ PG, Parametric EQ, Vintage EQ-1A.

Filter (10)
Env Filter, Filter Formant, Filter Phaser, Filter-C, Filter-M, Filter-O, Filter-R, LFO Filter, Multi Filter, Wah 47.

Modulation (17)
AM Modulator, AutoPan, Chorus, Chorus C1, Electric Flanger, Ensemble, Env Flanger, Flanger, FM Modulator, Multi Chorus, Opto Tremolo, Phaser, Rotary Speaker, Slicer, Small Phazer, Tremolo, Uni-V.

Reverb (9)
Ambience, ConvoRoom, Digital Reverb, Hall Reverb, Inverse Reverb, Plate Reverb, Room Reverb, Spring Reverb, Stereo Imager.

Saturation (3)
Phonograph, Saturator-X, Tape Cassette.

各プロセッサーの詳細はこちら

ワークフローはシンプルで軽快

MixBoxのワークフローは、仮想ラックに並ぶインターフェースのおかげで視認性は抜群で操作もシンプル。複数のウィンドウを行ったり来たりすることなく音作りに集中できます。

すべてのモジュールはドライ/ウェットのスライダーでエフェクト音の深さを調整できます。また、単体のプロセッサーの設定を個別に保存したり、プロセッサー・チェインごと(ラックごと)保存したりして、必要な時にすぐに呼び出すことが可能です。

ドライ/ウェット・コントロール

エディット・パネル

オーバーロール・パネル

img

さまざまなニーズに応えます

MixBoxは、ボーカルや楽器の音をシェイプして暖かみを加えたり、ダイナミクスやグルーヴを変化させたり、より積極的なサウンド・デザインをする場合など、さまざまな用途にご利用いただけます。お気に入りのEQやダイナミクス・プロセッサーを並べたボーカルや楽器用の定番ラックだけでなく、フィルター、モジュレーション、アンプなどが並ぶラックを作っておけば、サウンドを大きく変化させる使い方もできるでしょう。

img

600種類以上のプリセットを用意

MixBoxには、各プロセッサーごとのプリセットだけでなく、複数のプロセッサーを並べたラック全体のプリセットもあらかじめ用意されています。まずはプリセットをロードして作業をスタートするといいでしょう。

もちろん、お気に入りのセッティングができたら、プロセッサー単体、あるいはラックそのものをオリジナルのプリセットとして保存し、いつでも呼び出すことが可能です。

mixbox_presets@2x.jpg
img

実機さながらのゲイン・ステージングとサイド・チェイン入力

MixBoxには、各プロセッサーごとに個別のゲイン調整やドライ/ウエット調整ができるので、実機さながらの(場合によっては実機以上の)緻密なゲイン・ステージングが行えます。

各プロセッサーはサイド・チェイン入力にも対応しています。例えば、コンプレッサーのかかり具合を別のシグナルでトリガーするような定番の使い方も可能です。

mixbox_edit_panel@2x.jpg
img

ライブ・ミックス時はスタンドアローンで

MixBoxをスタンドアローンで起動すれば、ライブ・ミックス時の各チャンネル用のラックとしてご利用いただけます。

8スロットのラックを8個同時に使用できますので、外部ハードウェア・プロセッサーを格納したラックや専用ミキサーを使用することなく、高度なライブ・ミックスが行えます。

メインのパネルから8つのラックをすべてにアクセスでき、編集するラックの切り替えもスムーズです。ラックごとにプリセットを呼び出し、各チャンネルのゲイン調整、イン/アウトのルーティングに至るまで、ライブ・ミックス時のオペレーションに求められるスピーディーな操作に耐え得るインタフェース設計を採用しています。

MixBoxは、DAWでの腰を据えた音色の作り込みだけでなく、より直感的なリアルタイムのミキシングにも最適なツールです。

mixbox_multirack@2x.jpg
award

IK Multimedia(ソフトウェア)の商品

もっと見る

関連商品